はれのひ社長・篠崎洋一郎氏の計画倒産の理由は?一体何があったのか?


成人式の本日1月8日に大事件がおきました。

成人式に参加するため、はれのひ株式会社という業者に振袖を予約し、当日着付けを予定していた人たちから、

スタッフが会場に居ない、バックれた!!と大騒動になっています。

一体はれのひ株式会社という会社に何が起きたのでしょうか?

スポンサーリンク

『はれのひ』会社は計画倒産の理由は?夜逃げ?一体何があったのか?

はれのひ株式会社は2008年設立。
2012年7月末に横浜に初の直営店をオープン。

着物の販売・レンタル・着付けを手がけている会社で、

現在、横浜みなとみらい店、八王子店、福岡天神店の4店舗を構えていることになっていますが、

会社名:はれのひ株式会社
本部所在地:〒231-0062 神奈川県横浜市中区桜木町1-101-1 クロスゲートビル7F
代表者 代表取締役 篠崎 洋一郎
設立 2011年3月 ※創業 2008年
資本金 1000万円
従業員数 49名
売上高
3億8000万円(2015年9月期実績)
2億8000万円(2014年9月期実績)
1億1000万円(2013年9月期実績)
8500万円(2012年9月期実績)
事業内容 振袖レンタル&フォト『はれのひ』の運営
事業所 横浜みなとみらい店/横浜市中区桜木町1-1-7 Colette・Mareみなとみらい5F
福岡天神店/福岡県福岡市中央区大名1-14-45 Qiz TENJIN 3F
八王子店/東京都八王子市子安町4-7-1 サザンスカイタワー2F
つくば店/茨城県つくば市吾妻1-6-1 つくばクレオスクエアキュート2F

公式サイトを探しても、現在サイトは閉鎖された状態で、電話も全くつながりません。

2日前までにはお店側からの電話対応があったということで、

成人式当日になって、突然起きた寝耳に水のハプニングです。

成人式に行くのをやめた人、他の業者に急遽対応してもらった人。。。。

着付けの予約をしていた方たちは急遽必死の対応をとらざるを得ませんでした。

一体この会社に何があったのでしょうか?

スポンサーリンク

社長篠崎洋一郎氏とはどんな人物なのか?

成人式というこの会社にとって最も忙しいこの日に、はれのひ株式会社のスタッフが全くいないという異例の状況になってしまった今日。

着付けのスタッフとして働く予定だった関連企業の業者も、当日の段取りやスケジュールなどの連絡がまったく着ておらず、困っていたそうです。

しかし、まさかここまでひどい状況になっていたとは、関連企業も想像できなかったことでしょう。

今回の事件は、はれのひ株式会社の社長から末端のスタッフまで、全員が連携して行なわれた計画的なバックレ行為です。

社長の篠崎洋一郎氏の顔写真がすでにツイッター上に流れています。

はれのひ株式会社は女性が働きやすい環境を作っている会社として、リクルートサイトにも記事が紹介されているような、ある程度規模のある会社といえると思います。

しかし、実際働いていた方の口コミを拝見すると下記のような状況であったようです。

・社長の独断によるワンマン経営だった。
・スタッフの入れ替わりが激しかった。スタッフの多くは20代の若手、年収は250~270万円程度。
・関連企業への支払いが滞っていたため、インセンティブ制度が上手く稼動していなかった。
・人の入れ替わりがはげしいので、長く働いていれば、消去法で昇給できた。

・職歴に傷がつくのでこの会社では働かないほうが良い。

ブライダル業界など、こういったサービス産業の業界は、スタッフの入れ替わりが激しかったり、利益がなかなかあがらなかったりということがありがちな業界ではあると思います。

しかし、サービスが提供できないのであれば、対応する方法はいくらでもあったと思います。

他の関連企業にサービスを譲渡してしまうとか、お客様へ事前に連絡して返金するとか。。。。

そういった対応もなしに、社員全員でバックれてしまった。

この事実は、てるみクラブに匹敵するような衝撃がありましたね。

今後、すでにお金を支払って、成人式の日を楽しみにしていた方たちから、訴えられたり
原因究明の動きがあると思います。

新しい情報がありましたら、またお知らせしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする