神戸ルミナリエ 2016開催日程・時間と混雑を回避する方法を予測しちゃいます。


イルミネーション便り

イルミネーション便り

街のあちらこちらでイルミネーションが見られる季節になり、

クリスマスや年末が肌で感じられる今日この頃ですね。

イルミネーション好きの私としては、

去年行ったところよりもさらに、今年は感動を求めてしまうものです。

そこで。。。

日本で一番イルミネーションがすごいところはどこか?って調べてきたら、

関東ではなく神戸のルミナリエが1番人気!!

下記のランキングをご覧ください!

RETRIP 全国イルミネーションアクセスランキング

【1位】神戸ルミナリエ(兵庫県)

【2位】よみうりランド(東京~神奈川)

【3位】京都イルミエール(京都府)

【4位】丸の内イルミネーション(丸の内)

【5位】OSAKA光のルネサンス(大阪府)

【6位】時之栖(静岡県)

【7位】ミッドタウン (東京)

【8位】恵比寿ガーデンプレイス (東京)

【9位】相模湖イルミリオン(神奈川県)

【10位】東京ドイツ村 (千葉県)

スポンサーリンク





神戸ルミナリエは開催期間が短いのに大人気

兵庫県神戸市の「神戸ルミナリエ」は、昨年2015年の展示期間中、のべ538万人の来場者が訪れた、日本でも有数のマンモスイルミネーションで、今年は22回目です♪

2016年の開催時期は、

12月2日(金曜)~12月11日(日)の10日間

イルミネーションとしては開催期間が非常時短く、

それでも人気1位なら、

その期間にかける意気込みは相当でしょうね!!

産経新聞

産経新聞

混雑回避するにはどうすればよいか

公式サイトでは、過去の入場者数が開催日ごとに発表されています。その表を元に過去の情報を分析すると、下記のことが言えそうです。

・初日の12月2日は空いている可能性が高い。

・月曜日は空いている可能性が高い。

・天気予報が悪い日は空いている可能性が高い。

・毎日灯りが着く点灯時間は激混みなので、遅い時間20時以降に会場に着けるようにする。

土日は確実に混雑覚悟してください!

でも少し遅めの20:00以降に行ければ、少しはマシといえます。

つまり。。。

月曜日で最終日、天気予報がちょっと怪しい。という日、遅い時間に行けば確実に来場者が少なくなる傾向にあります。

また、混雑状況により点灯時間を繰り上げたり天候が悪い場合は、点灯を見合わせる場合もまれにあります。

 アクセス情報

所在地:旧外国人居留地および東遊園地

kobe-luminarie

kobe-luminarie

↓数字が書いているところはバスの停留所。

このあたりからみんな歩いて会場へ向かいます。

kobe-luminarie

【点灯時間】

☆月曜日~木曜日 18:00頃〜21:30

☆金曜日 18:00頃〜22:00

☆土曜日 17:00頃〜22:00

☆日曜日 17:00頃〜21:30


スポンサーリンク





最寄駅

ルミナリエ入口への最寄駅は、下記の通りです。

JR 元町駅

阪神 元町駅

地下鉄海岸線 旧居留地・大丸前駅

神戸ルミナリエ2016年のテーマは「光の抒情詩」Ode della luce

今年は、昨年にひきつづき屋根付きの回廊「ガレリアコペルタ」が注目ポイントとなっています。

入口のフロントーネと呼ばれる所」から約16mは、天井(15m)と左右の壁からの光に包まれた「光のトンネル」を体験できます!

参考までに、去年の動画をご覧ください♪

ディティールが細かくイルミネーションの域を超えて、建築といった感じですね。

「神戸ルミナリエ」が開催されるようになった訳

「神戸ルミナリエ」は、平成1995年の12月、

阪神・淡路大震災犠牲者への鎮魂の意を込め、

大震災の起こった年から始まり、それから毎年開催されています。

写真を拝見したところでは、他のイルミネーションにくらべ、

落ち着いてシックな雰囲気に感じられたのは

そのような背景があったからなのですね。

「神戸ルミナリエ」開催資金を集めるのが大変らしく、毎年問題になっているらしい

神戸市の公式ホームページによると、開催のための資金繰りが結構大変みたいです。

毎年、各企業からの協賛金や企業募金、個人の方からの募金、来場者からの「一人100円」募金を積極的に集めてなんとか続けているそうです。

人気のイルミネーションの影にはこんな努力もあったのですね!

ご来場の際は是非ご協力を!

スポンサーリンク