宮根誠司がクズすぎ!文春砲かくしご報道でもミヤネ屋降板しない理由・・


takeoff-mg.com

フリーアナウンサーの宮根誠司さんは過去、
2012年1月週刊誌「女性セブン」によって
隠し子が居ることを報道されていました。

しかし、その時はあまり表沙汰にならず、
2017年11月30日に週刊文春によって
再び隠し子報道が再燃しています。

なぜ5年たった今頃になって
報道されているのかといえば、

隠し子の母親であるA子さんの怒りが
数年経過しても収まらず、
週刊文春を利用して反撃に出た形となります

最近は芸能界で不倫報道が相次いでいる中、
ワイドショーの司会をしているという
立場で仕事をしている宮根誠司さんが

不倫していたばかりではなく、
隠し子までいたということになると司会業をしているという仕事柄、示しがつきませんね。

これからの宮根さんのこれからの一挙手一等足が注目されています。
ワイド番組「ミヤネ屋」は降板させられてしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

文春砲で攻撃された宮根誠司のダサすぎる過去!!

宮根誠司さんは2回結婚しています。

1993年
1人目の妻と結婚。
妻はイラストレータ界では有名な黒田征太郎氏の娘。

子供が2人生まれますが、
宮根氏は出版社に勤務している別の女性と不倫関係になります。

2004年7月
離婚。

2人の子供の親権は奥様にわたす。
出版社に勤務の不倫女性の他に、
夜のお店で知り合った店員・女性A子さんとも付き合いを始める。
従ってまた2股の不倫関係が始まる。

2006年8月15日
付き合っていた出版社勤務の女性と入籍。
夜のお店で知り合った不倫相手A子さんには
宮根の入籍は知らされていない。

2007年4月
不倫相手のA子さんが妊娠。
宮根はこのことを2番目の妻には隠しきれず、
不倫と妊娠のことを2番目の妻に告げる。

2008年2月
愛人A子さんが、女の子を出産。
宮根は父親として女の子を自分の子供として認知する。

2008年11月
宮根が2番目の妻と再婚していることを
メディアに公表する。

2011年4月
2番目の妻が出産。同時期に
愛人A子さんの店と思われるカジノバーにて、
宮根の誕生パーティーが開かれる。

2012年1月
不倫相手A子さんの女児は
宮根の隠し子であることが報道される。
宮根は隠し子が居ることを認める。
2番目の妻とは離婚していない。

2017年11月
不倫相手のA子さんは
子供が出来たときは、自分が愛人であること、
不倫関係として付き合いをしていたことは、
知らずに妊娠したとし、恨みが爆発した。

A子さんは週刊文春に宮根との関係や
隠し子のことを赤裸々に語った。

こうしてみてくると、
宮根さんの人生は常に不倫だらけで
クズっぷりがものすごいですね。

よくこれでスーツを着て格好つけてワイドショーの司会が出来るなと
逆に関心してしまいます。

宮根さんのお子さんは
1番目の妻の下に2人
2番目の妻の下に1人
愛人A子の元に1人

合計4名のお子様がいることになります。

現在、宮根誠司さんは54歳。
そんな宮根さんはこんな本も出していてちょっとウケました(笑)
→ → → 50歳からでも遅くない! ミヤネ式 らくらくボディメイク法【電子書籍】[ 宮根誠司 ]

いつまでも若々しく、不倫してても
モテモテでいられる方法が書かれていることでしょうwww

昔の俳優さんとかで
浮気は甲斐性とか言って、

愛人がごろごろ居て、
隠し子がごろごろ居ても
かっこいい人も居ますが、

宮根さんの場合は、
愛人のA子さんが子供ができるまでの次期は
たとえ別れを切り出しても
煮え切らない態度で関係を続行していたそうです。

不倫関係を諦められない人は
この世の中にたくさん居ますが、

秘密裏に不倫関係を続けた上で
妊娠させてしまうというのは、本当に罪深い!!

沢山の女の人と付き合いたければ、
結婚とかしなければいいんですけどね~。

スポンサーリンク

宮根誠司はミヤネ屋は降板しない!?かくしご報道はもみ消される?!

今回の隠し子報道は、
またもみ消されるのでは無いかといわれています。

なぜなら、宮根誠司さんが所属している事務所
テイクオフが関係しています。

テイクオフには、
フリーアナウンサーの田中みな実さん
羽鳥慎吾さんなどが所属していますが、

事務所の系列としては
大手プロダクション
バーニングプロダクションの系列の会社となっています。

バーニングには周防 郁雄(すほういくお)氏(76歳)が社長を務めており、
この方は「芸能界のドン」と呼ばれています。


現在、ワイドショーをにぎわせている話題といえば、
専ら相撲業界の日馬富士の暴力問題をきっかけとする引退報道。

本来であれば、話題になるであろう宮根誠司氏の隠し子報道に関しては
どのテレビ番組でも一切触れられていません。

バーニングプロダクションはこれまでも
芸能界の中で幅を利かせた態度をとってきており、
パワーを使って、スキャンダルをねじ伏せたりする技術に長けているといわれています。

それを良く知っている視聴者の方にとっては、
宮根隠し子報道をスルーされるのは、気持ち悪いということで、

宮根誠司さんとバーニングプロダクションの
お株が駄々下がりしている今日この頃なのです。

スポンサーリンク