大木優紀の旦那の破産した化粧品会社はどこ?倒産の理由は


tv-asahi.co.jp

朝日テレビの大木優紀アナウンサーの旦那様の会社が倒産したということで
話題になっています。

大木アナはビビるの大木さんと親戚関係にあり、
お父さん同士がいとこなので、
ビビル大木さんとは、はとこなんだそうです。
苗字もおんなじですしね(笑)

大木アナは2016年12月第2子の出産が終わり、
5月からアナウンサーの現場に復帰した矢先
の報道です。

何故このようになってしまったのかを
お話していきたいと思います。

スポンサーリンク




大木優紀アナの旦那様はどんな人?

大木アナは1980年生まれで旦那様は6歳年上です。

旦那様は立命館大学の学生時代は
アメリカンフットボール部に入っていて
ラインバッカーという守備担当をしていたスポーツマンです。

2人が結婚したのは2010年5月。

当時旦那様はファッションイベントプロデュース会社の役員。

携帯コンテンツ関連の仕事を
担当しているとの報道でした。

携帯コンテンツの担当という事で、
最先端のおしゃれな商売の情報に敏感な
情報通の旦那様というイメージです。

しかし今回報道されているのは、
化粧品関連の会社K社で
負債総額は2億4700万円と言われています。

シンガポールの法人から出資を受けて
設立した会社というのも、
一般ピーポーには想像がつかないですね。

破産して倒産した会社はKAODACHI? THE BOOKではないか?

大木アナの旦那様の会社はK社というイニシャルトークですが、

ちょっと調べてみました。

女の勘なので、他の会社だったらごめんなさいね。

東京地方裁判所のデータなどを調べていくとヒットするのが、

KAODACHI(株)
THE BOOK JAPAN(株)

この関連した2つの会社なのです。
2社とも、所在地は港区南青山という
超おしゃれな場所に立地しています。

もともとファッション系の情報に敏感な大木さんの旦那様であれば
まず青山でおしゃれなビューティ系の会社を経営するというのも
理解できます。

スポンサーリンク




どんな化粧品を売っている会社なのか?

KAODACHI(株)は、いわゆるビューティサロンで、
THE BOOK JAPAN(株)は、そのビューティサロンで
販売しているTHE BOOKという
高級化粧品を販売している会社となります。

KAODACHIのサロンについては昨年2016年の春ごろに
美容ライターさんを雇って記事を書かせている形跡がありました。

フランスのパリから来た最先端の美容技術とのことで、
比較的富裕層向けの最先端のビューティサロンとなります。

それから1年も経過しないうちに破産です。

売り上げは2億4000万もあったといいますが、

負債総額は2億4700万円だそうです。

そんなにすぐに破産するほどなの?

って思うかもしれませんが、
このサロンはとにかく初期投資(設備投資費)
かかってそうなんです。

それから、南青山という立地条件による
地代もすごいことでしょう。

ここのサロンの施術をする部屋は
宇宙に行くときの宇宙船のコックピットになっていて
それで1人1人の顔の診断をするんですよね。

美容業界というのは、科学的根拠があるのかないのか
分からない世界ですから、いろいろ難しいものです。

まあ、私にとってはつっこみどころ満載ですが(笑)
この場で言及することは控えたいと思います。

まあ、会社が破産したとはいえ、
いろいろ試しているビジネスの1つかもしれませんし、

今回の倒産に関しては
全然痛くもかゆくも無いのかもしれません。

大木アナは2人のお子さんがいるお母さんなので
今回のハプニングにめげず、

これからも明るく元気にアナウンサー活動していって欲しいと思います。

スポンサーリンク