吉村洋文大阪市長が言っているクマラスワミ報告・吉田虚偽証言って何?


yoshimura-hirofumi.com

大阪市長の吉田洋文氏が
アメリカのサンブランシスコと大阪市の
姉妹都市条約を解消するという手続きを進めているということで、
話題になっています。

理由はアメリカの市民団体が
日本軍の被害にあった慰安婦の像を
サンブランシスコ市内に設置することを
認めたためです。

設置にあたり、大阪市の
吉田洋文市長は
サンフランシスコ市に対し、

正しい史実が確認されていないのに、
慰安婦像の設置をされるのは
遺憾であるとし、

設置を受け入れるのであれば、
大阪市とサンフランシスコ市の
姉妹都市提携を解消させていただく

と申し入れをしました。

11月14日サンフランシスコ市は
慰安婦像の設置を議会で決定しました。

ところで、大阪市長の吉田洋文市長が
朝日新聞の社説でたたかれて
話題になっています。

一体何がおきているのでしょうか?

スポンサーリンク

吉村洋文氏のツイッターでの主張

吉村洋文(よしむら・ひろふみ)
1975年6月17日生まれ(2017年現在42歳)
大阪府河内長野市出身
大阪府立生野高校
九州大学法学部卒
弁護士・税理士
大阪維新の会/日本維新の会所属

2015年12月19日から橋本徹前大阪府市長の
後任として大阪市長を務めています。

今回の朝日新聞の社説の主張をざっくりまとめると
サンフランシスコ市が慰安婦像を設置することに
対して、抗議することは必要だが、

だからって、姉妹都市提携まで解消することは
無いのでは無いか?

という意見です。

この社説に対して、吉村洋文氏は
ツイッターで真っ向から対立し、
朝日新聞を批判しています。

そのツイートがこちら

ここで出てきているクマラスワミ報告というのは
女性に対する暴力とその原因と結果に関する国際的に認められた
報告書のこと指します。

国際連合人権委員会が1994年
スリランカのクマラスワミ氏を特別報告者として
任命したことに始まります。

1990年代に元慰安婦の賠償責任問題が
大きくなってきた時に報告書が多く出ています。

これに関係しているのが吉田虚偽証言。

日本国内では吉田清治という文筆家が1980年代に
朝日新聞に寄稿した社説の内容が発端となっています。

「日本軍の命令で、朝鮮人の女性を
強制連行し、慰安婦にした」と記載があったが
実際はそのような事実は無いことが後で分かり、

朝日新聞が虚偽の内容を新聞に掲載したとして
問題になったものです。

吉田氏の寄稿文は国際的にも
大きな影響を与え、慰安婦問題の問題が
国際的に加熱していくことになりました。

吉村洋文大阪市市長によると
朝日新聞がこの事実を謝罪したのが
なんと2014年という事でかなり最近なのですね。

スポンサーリンク

読売新聞は吉村洋文市長を擁護する記事を出している。

読売新聞の社説では、
アメリカではグレンデール市やブルックヘブン市などにも
すでに慰安婦像が置かれており、

史実を無視した行動であり、
今回の吉田洋文氏の主張はやむを得ないのでは無いか?

と主張しています。

吉田洋文氏に対してアンチコメントや
擁護するコメント両方が存在し、
今回のサンブランシスコ市との
姉妹都市提携解消はかなり賛否両論のようです。

アメリカでは中国系や韓国系の民間団体が
慰安婦像を設置する動きが活発に行なわれており、

今回の大阪市の問題は大阪市だけではなく
日本政府としても情報収集と対応に追われているところだといいます。

スポンサーリンク
【プライバシー・ポリシー】 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。