「東京タラレバ娘」のロケ地でKEY(坂口健太郎)がいつもたそがれている水辺(東京タワーが見える)はどこ?


お一人さま時間が大好きなしっぴーです♪

日テレのドラマ「東京タラレバ娘」のシーンで
何度かでてくる気になるシーンがありましてね。

KEYが、
水辺のヘリに一人で座って
たたずんでいるシーンが
何度か放送されています。

冬の寒い夜なのに
KEYは物思いにふけっている様子で
一人でたたずんでいて

時折、東京タワーの方に右手をやって

親指とひとさし指の間に
東京タワーを収めてその中をのぞく。。。。。。。

っていうシーンがありますね。

それはそれは美しいシーンです。。。

東京タワーが見える水辺で街路樹が続いているところは
一体どこなのか、

気になりますよね。

スポンサーリンク



KEYがいつも一人でたたずんでいる場所は品川シーズンテラスです!

東京都港区港南1丁目2番70
JR品川駅 港南口より徒歩6分

sst-sr.jp

sst-sr.jp

タラレバ娘を観ていて、
この公園の水が全部水道水だったら

すごい贅沢だなぁって思っていたんです。

急に事務的な話にになりますが(笑)

東京都には水再生センターという施設が数箇所あり、
水を有効に使用するための工夫をしたり、
様々な取り組みをしています。

ここ品川ガーデンテラスも
ショップ、レストラン、オフィス
などの複合ビルとともに
3.5haの広大の緑地が都会のど真ん中に
作り上げられています。

平成27年4月からは、
3.5haの広大の緑地に雨が降ったときに水をためておき、
公共用の公演や公共ビルのトイレ用水、
空調設備に使われているとのことで、
未来型の公園です。

雨水を使って、
こんなキレイな演出ができるなら
いろんなところに
癒しの水辺として作って欲しいですね!!

スポンサーリンク



いつもここで会って話して心の距離が縮まっていくKEYと倫子

ntv.co.jp

一番最初にこのシーンが出たのは
倫子がKEYに自分のことをどう思っているのか
確かめるために、
倫子街中を探し回って、
この場所で一人でたたずんでいる
KEYを見つけて話しかける倫子

一番最初にここで会った時は
KEYは倫子に
「あんたとは恋愛できない。」

とバッサリ突き放した場所。

友達同士でギャーギャーでタラレバ言って
人に関係ないプライベートなことについて
おもしろおかしく
男のことをうわさしてばっかりの女なんか嫌いだ!!

というような意味合いでした。

ガーン。。。。。。

となる倫子。

その後、

ドラマの脚本家を降ろされ
仕事で落ち込んでいた倫子でしたが。。。。
すぐに奥田さんとの恋愛が始まって
超ウカレ気分でまたここにやってきて、

KEYに
倫子と奥田さんと付き合うことになったことを
楽しそうに報告しに来たのもここです。

そのときの、倫子の
「逃げ道をつくったっていいじゃん」

っていう台詞が印象的です。

そうそう、共感するよね。

みんな毎日がんばってがんばって
がんばりすぎてるんだから、

倫子
「つらいときに
逃げ道くらいつくって楽しいことしても
良いじゃん!!!!!」

。。。。。。。。。。

ん?!

ntv.co.jp

ってことは・・・・・・・?

奥田さん(もこみち)は
仕事で折れた心を取り戻すための
逃げ道なの????????

倫子、奥田くんとの事は何もないより、
マシって思ってるってことなの?
逃げ道なの?

って、
とちょっと引っかかる台詞ですね。

KEYはなぜいつもここに居るのか?なぜ東京タワーをいつも観ているのか?

冬の寒い時期にわざわざ外に出てきて

東京タワーを見て
たたずんでいるKEY。

yotube

どうしてKEYはいつもここに居るのか?

結婚してから病気で亡くなった奥さん(曜子)と
昔一緒に観ていた東京タワーを
懐かしんで観ています。

原作ではKEYの元奥さんは
もうすでに亡くなっていて、
癌でなくなりました。

生きていれば、
倫子とちょうど同じ歳

子供の頃に病弱だったKEY(鍵谷)が
入院していた病院の先生で
お世話になっていたんだけど、

後に先生は末期ガンにかかってしまった。

ガンに罹ってしまった曜子先生と
まだあどけない黒髪のKEYが
東京タワーが見える病院の屋上で
話しているシーン
曜子さん
「死ぬ前に結婚して
子供とかいたらよかったな・・・・・・・」

ってつぶやく。

KEYは
「先生の夢、俺がかなえてあげる。
俺が先生の逃げ道になる」

っていうんですよ。

「逃げ道」。。。。。

それで、2人は結婚したんだけど、
曜子さんは先に亡くなってしまった。

その悲しみをずーっとKEYは引きずって
一人で苦しんでいる。

そんな、心の模様のKEYというキャラクターです。

スポンサーリンク