オラフが溶ける時の感動シーンの名言が心にささる!!「アナ雪」の原作はアンデルセン童話の「雪だるま」


disney.co.jp

一番好きな季節は、春か秋で
どっちかなぁ。。。。って
結構迷うしっぴーですこんにちは♪

あたいは、秋田の雪国育ちなので
寒いのだけは勘弁してほしい!

雪国に住むって本当に大変ですよ。

雪が降ったら
毎日雪かきしなければならないし

寒さ半端ないし、
水道の水が死ぬほど冷たくなって
それを触っちゃったときには

キョイーン!!!!!って←謎の擬音語が鳴る!!(笑)

気絶するくらい冷たいんだからぁああ!!

もう、寒いのカンベンして!!

でも子どもの時は
雪で楽しく遊んでいましたよ。

雪だるまとかつくって、
目と鼻と口をつけたりして
結構楽しかったです♪

ディズニー映画の「アナと雪の女王」にでてくる
雪だるまのキャラクター
「オラフ」ってかわいいですよね!
あの口角が上がった笑顔、
パッチリしたおめめ☆

オラフってすごい純粋な性格で
友達思いなんですよね。


オラフの台詞の中で
超感動する名言があります。

オラフの名言

愛とは自分より相手を思いやることだよ。
クリストフがアナをハンスに託したようにさ。
アナのためなら僕は溶けたっていいんだ。

友達のためなら僕は死んでもいい!!
って言って、
最後は暖炉の熱でとけていなくなっちゃうんですよね。

。。。。。。マンモスかなぴーーーーー
˚‧º·(˚ ˃̣̣̥⌓˂̣̣̥ )‧º·˚˚‧º·(˚ ˃̣̣̥⌓˂̣̣̥ )‧º·˚˚‧º·(˚ ˃̣̣̥⌓˂̣̣̥ )‧º·˚

実はこのシーンは、
アンデルセン童話の「雪だるま」という
作品のお話がもとになっているのです。

スポンサーリンク



オラフのキャラクターのエッセンスはアンデルセン童話「雪だるま」


オラフのエピソードの元になっている
アンデルセンの童話
「雪だるま」のおはなしを
ざっくりと説明すると。。。。

とあるお屋敷のお庭に
雪だるまさんがいました。
雪だるまさんは
お屋敷の窓から見える
暖炉がずーっと気になっています。

お屋敷に飼われている
ストーブのことを話すと

「雪だるまくん、君が
暖炉のある部屋に行ったら

君はきっと
とけてなくなってしまうよ!!」

雪だるまは、犬の話を聞いても
なんだか納得がいかず、

どんどん暖炉のこと
が気になってしまいます。

雪だるまくんは知らない間に
ストーブに恋をしてしまったのです。

ストーブに恋焦がれる
雪だるまくん

冬が終わって、
溶けてしまいました。

雪だるまくんが居た場所には
なんとストーブの火かき棒が
落ちていました。

雪だるまくんは、
寒い雪の中にずっと住んでいたので

暖かい世界に憧れていたのです。

そんな雪だるまくんの不思議なおはなしでした。

この雪だるまと暖炉のお話は

雪だるまが男性、
暖炉が女性ということになっていて、

報われない恋愛の話を
暗喩しています。

雪だるまも暖炉もまた
冬になったら再会できるのでしょうか?

なんだか七夕の織姫と彦星みたいで
切ないお話です。

スポンサーリンク



オラフはアナとエルサが小さい頃に一緒に遊んだ雪だるまとの楽しい思い出が作った存在

disney.co.jp

というわけで。。。。

「アナと雪の女王」のオラフは
このアンデルセンの「雪だるま」の

暖炉と雪だるまくんの
話にもとづいているわけです。

理由はわからないけど
ただ、ただ「好き。」
という感情。

オラフの存在は、
ただ単に雪だるまが
しゃべったり動いたりするという

夢のような
ファンタジー。
それでだけでは
終わりません。

オラフは、アナとエルサが小さな頃に
つくった雪だるまの魂(?)が作った、

楽しい思い出で出来ている
存在なのです。

姉妹で仲良くあそんで
何の悩みもなく
楽しく遊んで過ごしていた
こどもの頃。

その時の純粋な
やさしい気持ちが
オラフの中には宿っています。

凍って死にそうになっている
アナを暖めるために

オラフが暖炉の前で溶けてしまう姿は
めちゃめちゃ感動して、
涙がでますよね。

自分の命をひきかえに
友達の事を守る。

それで、いいんだ。。。。

と友達を助けてあげることに
喜びや幸せを感じている
オラフの姿が印象的です。

その自己犠牲の精神に
ただただ感動します。

しかしこれは、
なかなか実世界では
マネができないことかも知れないです。
みんな自分が生きるために
おのおのが必死だからです。

それが普通なんですからね。。。

人間の幸福度は人の為に役に立つことで高くなるという研究結果がある

以前にNHKの特番で見たんですけど、

海外の研究者の方で
人間の幸福とは何か?
という事を


科学的に
分析・研究している方がいるそうです。

沢山の方の
セロトニンやドーパミンなどの
神経物質の量などを測定して

調べているそうです。

面白いですよね!
人間が幸福に感じるのは
どんなことだと思いますか?

お金や物を沢山持っていることではなく


のんびり自由な時間を
持っていることでもないそうです。

一体どうすれば
幸福度が高い人生が送れるか?

それは、
誰かの役に立つという
実感を得ることなのだそうです。

たとえば、
ボランティア活動を
している方のほうが

幸福だと感じている。

つまり、幸福度が高いという
結果がデータとして
顕著に現れているそうです。

その番組を見たときは


ふーん。。。。

って思った程度でしたけど。

アナと雪の女王のオラフを見ていて


自分ではない他人に
愛情をかけるということの
喜びっていうものを学んだ気がしましたね。

他人の為に自己を犠牲にすることは
回りまわって、
自分の幸せの
為になるんです。

でも、そんな下心があって
良いことをするわけではなくって、

幸福度が高い人って言うのは

きっと、

はじめから精神が幸福で出来ていて
幸せなんだろうって
思いましたよ(笑)

うらやまー。

それは、先天的なものなのか
後天的なものなのか?

幸せや愛情を他人に分け与えることが
出来る人。

オラフをみていて


そんな幸福度が高い
人生を送れる人間になろうって
思ったのでした。

「アナと雪の女王」を
観たちびっ子たちも
みんなやさしい心で

育ってくれるといいですね。
ちょっと心に他人を思いやれる心の余裕があること。
やさしい心をみんなで育てて、
争いの無い平和な世界に
一歩進んでくれると嬉しいです。

キリっ!!なーんちっって!!!

いやぁ、ディズニーって深いわ。。。。。。(笑)

スポンサーリンク