すずふり亭のお土産にカツサンドが登場!「まい泉」のカツサンドとの関係は?


maisen-online.net


今日のランチは
トルコとロシアの料理が混ざったようなお店で
ご飯を食べたしっぴーです♪

トマト、ピーマン、玉ねぎとか
普通の野菜なんだけど
ハーブや香辛料を使って、
東欧風にしてて味付けが変わってて、美味しいです。

見た目も色が綺麗で
元気が出る感じ!!

ところで。。。。

今朝のNHKの朝ドラ「ひよっこ」みた?

お父さんの実(みのる)が、
東京から茨城に帰る前に
「すずふり亭」っていう洋食屋さんに
立ち寄ったんだけど

実さんが
ハヤシライス
をいただいている間に。。。

すずふり亭の
店主すずさん(宮本信子)が、
息子でチーフシェフの さんに耳打ちして、

nhk.or.jp

例のアレを作ってあげてちょうだい。。って

例のアレ。。。笑

とつぶやきます。

なんだかとっておきの料理みたいですね!!

「例のアレ」が嫌いな奴はいないぜ!
くらいの自信が感じられます。

1964年の東京では、
カツサンドはすんごい珍しいたべものだったんでしょうか?

そもそもカツサンドって
「日本人が作った洋食」って
感じがします。

すずふり亭にカツサンドが
裏メニューとして
存在するのはどんな理由なんでしょうか?

スポンサーリンク



カツサンドの歴史

ひよっこの舞台は昭和39年(1964年)です。

昭和5年の上野界隈では、
トンカツ屋さんがブームとなっていて、
営業店がたくさんありました。

初めは「セイセン」というお店を開き、
その後、全国各地にお店がのれん分けされていきました。

カツサンドが生まれたのは
その のれん分けしたお店の一つ、
「井泉」(いせん/文京区湯島)
というトンカツ屋さんにて

昭和10年に開発されたカツサンド。

おかみさんの石坂登喜さんという方が
当時の花柳界の芸者さんたちが、

口紅をつけたあとでも食事ができるように
と発明したのが始まりです。

口紅つけた芸子さんが食べやすいように、
特注の小さなパンを使い。

よく叩いて柔らかくしたお肉を
カツレツとして使っていました。

ここがポイント!!

柔らかいカツレツを使ったのは、
箸で切れるようにするためです。

洋食だったら、
ナイフとフォークがないと
いけないですが、

箸で切って食べられる
大きさなんですね。

今の人だったら、
カツサンドを箸で食べる人って
あんまりいないですね。

私はそのままかぶりついて
たべてます 笑

美味しくて、お洒落で、
お腹を満たすことができる。

華やかな芸者さんの世界で流行った食べ物は
お土産としてどんどん広がっていきました。

現在はカツサンドといえば、
「まい泉」のカツサンド
ぱっと思い浮かびますが、

まい線も元々は、
カツサンド元祖のお店「井泉」
からのれん分けしたお店なのです。

スポンサーリンク



カツサンドはお土産として最適!

ひよっこでは、すずふり亭で、
鈴子(すずこ)さんたちから

nhk.or.jp

カツサンドをお土産に
もらった父の実(みのる)さんが、

茨城の家にお土産として
持って帰ります。

すずふり亭に急に訪れた一見(いちげん)さんへの
サービスにしては、

店長のすずさん、
粋な計らいすぎますね!

「東京を嫌いにならないでくださいね。。。」って。

すず子さんが言っていたのが印象的でした。

しかも、箱が非常に結構大きい 笑

あの大きな箱なら、
さぞたくさんのカツサンドが
入っていることでしょう(笑)

たまたま、入った店の
店長さんが
こんな豪華なお土産を
あか他人にくれるなんて、

めっちゃいい人やん!

ってなりますよね。

間違いなく美味しいよね。
カツサンド。

肉を丁寧に叩いて揚げて、
ソースとマスタードをつけて、
パンで挟む。

みね子の家の食事は、
ご飯ときゅうりの塩もみと、
卵焼きを一切れずつを
分け合いながらたべてますから、

卵が肉の代わり、
というか肉はまず食べられない
という生活を送っています。

そんな家ですから、
カツサンドが急に家に現れたらそれは、

ペリーの黒船が浦賀に来たよね〜!!

くらいの衝撃を受けるはずです(笑)

家族みんなで、
仲良く
カツサンドを食べて
「美味しいね~」って

すんごい幸せな時間ですね。

カツサンドの映画もあるよ!

カツサンドを開発した井泉をモデルにした
映画『喜劇 とんかつ一代』という作品があります。

この映画が発表されたのは昭和38年

森繁久彌(もりしげひさや)さんや
フランキー堺さんなど
みなさんが聞いたことがある
名前の俳優さんが出演していますよ!

「ひよっこ」の時代が昭和39年なので
時代がちょうどドストライクなんです。

映画『喜劇 とんかつ一代』
のお話は、

主人公のは上野のトンカツ屋さんの
店主が主人公

一流のフランス料理屋さんで
鍛えた料理の腕前のトンカツ屋さんの
ご主人と
その家族の
ジェネレーションギャップや
家族の間のたわいもないやり取りを
テーマにしています。

クロレラに傾倒して
毎日飲みながら自分たちの
健康状態を実験している
夫婦とかが出てきて
なんか面白いらしい。。。

カツサンドがその映画の中にでてきたかどうか
分からないのですが、

今度ツタヤディスカスで
見つけられたら
借りて見たいと思います。

昔の映画だから
無いかもなぁ~ 笑

スポンサーリンク