リーズ大学の偏差値やレベルは?イギリスの大学ランキングでは何位?


headlines.yahoo.co.jp

秋篠宮佳子様がイギリスのリーズ大学に
交換留学されるという報道が流れました。

佳子様は学習院大学を中退されて、
国際基督教大学(ICU)に編入されています。

佳子様のお姉さん眞子様も
ICU出身なのですが、

皇室の子どもたちは
もともと皇室御用達の大学として
学習院に入ることが慣例でしたが、

最近は徐々に自分が本当に行きたい大学に進めるように
整備が進められているようです。

ICUの場合、自由に選べるカリキュラムと
充実した留学制度が魅力のようです。

佳子様が交換留学で通う予定の

リーズ大学はどんな大学なのか調べてみました。

スポンサーリンク




リーズ大学はどこにあるの?

最寄り空港は
マンチェスター空港とブラッドフォード空港の2つです。

また、ロンドンまでは電車でわずか2時間強の距離にあります。

イギリスって結構コンパクトですぐ移動が出来るんですね。

近くには国立公園がたくさんあって、

ちょっと足を伸ばせば
自然も満喫できそうです。

キャンパス街の中心からわずか1.6kmほどのところに
位置しています。

町の中心街には、大きなショッピングモールがあり、
お買い物には困らなそうです!!

皇室の方なら日本に居るときよりものびのびと
お買い物やキャンパスライフが楽しめますね!!

キャンパスの広さは98エーカー(108951坪)
を超える広大な敷地に広がっています。

教室のほかに特筆すべき施設は
・4つの図書館
・最先端の屋内プール
・フィットネススタジオ「The Edge」
・「stage@leeds」と呼ばれる現代的なステージ

リーズ大学は、
英語コース、
インターナショナルファンデーションコースをはじめとして、
何千とある学位、大学院過程、
英国内の大学の中で最も多彩なコースが提供されています。

リーズ大学の偏差値はどれくらい?

イギリスには偏差値という概念が無いようです。

確かに大学ごとにそれぞれ特色のある
カリキュラムを用意しているのに


偏差値という固定された尺度だけで測ってしまうのは
もったいないことですね。

国際基督教大学の中で、
人気な交換留学制度の

定員は役150名程度。

一部例外をのぞき、3年次秋学期(9月)から1年間留学します。

リーズ大学での取得単位もICUの単位として認められ、
きっちり4年間で卒業することが可能です。

交換留学を目指す学生にとって課題となるのは成績要件。

GPA3.00以上という条件は結構条件として厳しく、
留学を希望しても夢がかなわない方も多いそうです。

GPAというのは
留学の際の学力の指標として欧米では広くつかわれているもので
日本においても、
成績評価指標として導入する大学が増えてきています。

リーズ大学には
現在140を超える国々からの学生が33,000人が在籍しています。
留学生の受け入れ人数としてはイギリス国内最大級といわれています。

スポンサーリンク




イギリスの大学ランキングでリーズ大学はどのあたりに位置しているの?

リーズ大学は1904年創立、
イギリスの中では由緒ある伝統校の1つとなっています。

一流大学で構成される
ラッセルグループの一員でもあります。


ラッセルグループとは、
イギリスの国立の研究大学の中で選ばれた
24校だけが

加入しているグループで

政治や議会に大学や研究機関が
社会経済に圧力や影響力を持てるようにするために

設立されたグループという事で、

イギリスの社会経済にも
影響力の大きい大学の1つといえると思います。

リーズ大学の評価をランキング別で見てみましょう。

最も著名な世界大学ランキングの1つである、
QSの発表している世界大学ランキングによれば、
リーズ大学は104位です。

(参考:東京大19位・東北大112位・慶應大214位)。

国内ランキング:16位/127校中 (2016年版)

リーズ大学は特に工学や社会科学、
人文学などの分野で高い評価を得ているようです。

英国で最も読まれている新聞の1つ、
Guardian 紙の発表しているランキングでは
リーズ大学の部門別ランキングは下記の通りです。
・Education(教育学)11位
・Medicine(薬学)13位
・Nursing and paramedical studies(看護学)3位
・Economics(経済学)27位
・Law(法律学)27位

こちらのランキングでは、

大学全体ではRank of Universities of United Kingdom で
9位となっていました。

そしてまた別のランキングでは。。。。

2017年イギリス大学ランキング

(順位) (大学名)

1ケンブリッジ大学

2オックスフォード大学

3セントアンドリューズ大学

4ダラム大学

5インペリアル・カレッジ・ロンドン

6ロンドン大学ユニバーシティーカレッジ

7ウォーリック大学

8ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス

9エクセター大学

9ランカスター大学

11ラフバラー大学

12バース大学

13リーズ大学

14サリー大学

15イースト・アングリア大学

16バーミンガム大学

17ヨーク大学

18サセックス大学

19ブリストル大学

20ノッティンガム大学

英国の大学は、百十数校ありますが、
どの大学も平均して教育・研究水準が高いことが
世界的に知られています。

リーズ大学は常に10~15位くらいにいるのですから
なかなか優秀な大学であることが分かります。

そしてイギリスの大学は
日本と違い、卒業するのが非常に難しいといわれています。

日本の大学は入学したあと
真面目に授業を受けていれば
卒業できますし、

日本では逆にえっつ?
留年したの?卒業できなかったの?やばいね(笑)

みたいな言われ方をしますが、

イギリスでは、よくあることで
入学した後、
無事学位を取れるまで油断できないのです。

現地大学の授業料はいくらくらいなの?

これはICUに納める年間の学費から賄われ、
追加でかかる負担は生活費などのみなので
授業料の高い大学に留学することになれば、
かなりお得なんだそうです。

リーズ大学の学費・奨学金
留学生の授業料(2016/2017)
学士課程:£15,000(180万円) ~ £31,500 (378万円)/(1年間)
修士課程学費:
文系 £ 15,000~(180万円)
理系 £ 19,000(228万円)~
MBA £ 25,000(300万円)~
費用面では日本の大学よりもちょっと高いかな?
位ですね。

佳子様の学費はもちろん日本国民の税金で
まかなわれていると考えますが、
許容範囲の費用なのかなと思います。

イギリスでの留学生活をのびのびと楽しんでいる
佳子様の姿が目に浮かびますね~。

たのしそうじゃー♪

スポンサーリンク