首藤クリニックサイト閉鎖!臍帯血を無許可投与で業務停止命令!


先日34歳の若さで亡くなった
小林麻央さんが通っていた病院の1つに
なんと業務停止命令が出ていると
ニュースになりました。

病院の名前は「表参道首藤クリニック」
小林麻央さんが受けていた施術は
水素温熱免疫療法と呼ばれる
治療法としては10年くらいのまだ
臨床数が浅い治療法だったとのことです。

お医者様によっては、
まだ効果が証明されていない
という方もいるほど。

今回業務停止命令が下ったのは
この水素温熱免疫療法ではなく、

臍帯血(妊娠しているお母さんのへその緒から取れる細胞)
を患者に無許可で投与していたというものです。

現在、須藤クリニックのサイトは
中身が見れないようになってしまっています。

一体何が起きているのでしょうか?

スポンサーリンク


厚生労働省から業務停止命令を受けた11のクリニック

今回業務停止になったのは、下記の病院です。

東京都

渋谷区「表参道首藤クリニック」
港区「クリニック真健庵」
「赤坂AAクリニック」
「六本木ドクターアンディーズクリニック」
「東京国際美容クリニック」
千代田区アベ・腫瘍内科・クリニック」
練馬区「花岡由美子女性サンテクリニック」
品川区「品川荏原ライフケアクリニック」

大阪市内

「大阪タワークリニック」
「恵聖会クリニック心斎橋院」

福岡市
「天神皮ふ科」(一時停止命令)

上記の病院は、いずれも臍帯血を利用した
再生医療を届け出なしに行なっていたとして
厚生労働省から
業務停止命令または一時停止命令を受けています。

臍帯血(さいたいけつ)は
妊娠しているお母さんと赤ちゃんの間のへその緒につくられる
特殊な細胞であり、

血液の元になる幹細胞を含んでいることから
主に白血病の治療に効果を発揮するといわれています。

今回の報道で業務停止になった医療機関は
本来、厚生労働省に提出するべき
臍帯血の再生医療に関する計画書を
提出せず、

無許可で行なっていたのです。

臍帯血を癌や美容に効果があるとして、
エビデンス(証拠)も確立されていないのに
投与するケースが見られ

何か医療事故が起きては大変!!
という事で、今回厚生労働省の調査によって
業務停止命令が下ったのです。

しかし・・・・怖いですね。

「これは先進医療なんですよ。」とか

「まだあまり皆さんやられていないですが
効果があります。」

など上手く説明されて
施術されてしまうのですかね。

スポンサーリンク


小林麻央さんが受けていた水素免疫温熱療法

ツイッター上では小林麻央さんが癌の治療の一環として
受けていた水素免疫温熱療法を説明する
漫画が話題になっています。

首藤クリニックが独自に発行している漫画で
水素免疫温熱療法をやれば、
今一般的に行なわれている癌の治療法
抗がん剤治療や放射線治療よりも
リスクが少なく、癌を治すことが出来ると歌っています。

近年、癌はほったらかしておけば治るとか
切除したら癌の進行が早まるとか、

これまでの治療法を覆すようなことを
提唱するお医者様もいて、

メディアで話題になっては見るものの
少し時間が経過すると、

「あの先生が言っていることはウソだ!!」
という事が暴露されたりしています。

本当にいろんな人が居るのだなぁと
思いますが、

とにかく、癌患者や病気を持っている方は
何とかして病気を治したい!!!

と必死なわけですから、
藁をもすがる思いで
いろいろな治療法を試す気持ちは本当に痛いほど分かります。

そこに漬け込んで、医療機関が
効果のエビデンス(証拠)が無い
治療法を誇大広告して行なっていたという事実が発覚。

小林麻央さんが通っていた
首藤クリニックは一気に話題になり、
あのクリニックはヤバイらしい!!!

と一気に炎上した形となっています。

首藤クリニックサイトの内容が消去されている!!

首藤クリニックのサイトは
現在存在は確認できるものの、

内容は全く見られないようになっています。

ここまで内容を消去してしまうのには
それなりの理由があるはずです。

首藤クリニックが本当に
患者さんの立場になって施術を行なっていたか
といえば、疑問が残ってしまいますね。

本当に今の時代は
情報量が多く、治療の選択肢も沢山ありすぎます。

沢山の情報の中から
医療に詳しく無い一般人でも
正しい治療法を見つけなければならない。

病気で困っている患者さんに
治療法のミスマッチが起きないように、

色々な分野の人や
個人が努力していかなければならない時代ですね。

スポンサーリンク