日本カビと呼ばれる理由は?カンジダ・アウリスのや予防法や感染経路をチェック!


topics-jp.com

2009年に帝京大学で70代女性患者の「耳だれ」から発見された
カンジダ・アウリスという菌。

この菌によって、抵抗力の無い人は死亡する例も出ているらしく、
世界的な大流行を引き起こしているそうです。

菌に感染しないためにはどうすれば良いのか?
感染経路の傾向など調べてみました。

スポンサーリンク

カンジダ・アウリスが日本カビといわれる理由

近年発見され、死者も多数出ているほど危険な
カンジダ・アウリス。

何故「日本カビ」と呼ばれるのでしょうか?

答えは簡単です。
「日本で初めて発見された菌だから」

しかし、カンジダ・アウリスの研究が進むにつれ、
世界中でこの菌が発見され、

カンジダ・アウリスの中でも
抗生物質などの薬に対する耐性、
つまり薬を投与しても死なない菌が
全体の4%ほど存在することが分かったのです。

カンジダ・アウリスの中でも
菌の型がいくつか発見されているようです。

世界的パンデミック(大流行)を引き起こしているカンジダ・アウリス

日本でカンジダ・アウリスが発見された後、

韓国やインド、パキスタン、英国、米国、南アフリカなどの海外でも同じカビが発見され、

この菌は日本だけではなく、
世界中に存在している菌であることが分かりました。

2011年には韓国で患者が敗血症で死亡する事例が報告され、
その後2017年の現在に至るまで、

死亡例が報告され続けています。

アメリカでは昨年7例しかなかった患者数が
2017年には177まで増え、

イギリスでは200例を越える症例が報告されています。

おお~。ちょっと怖くなって来ました。

カンジダ・アウリスの感染を予防するには
どうすれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

カンジダ・アウリスの死亡例と感染経路

カンジダ・アウリスの死亡例の多くは、
抵抗力が著しく下がっている状態の方に起きています。

その多くが、病院の入院患者の方であり、
院内感染が多くを占めているようです。

感染リスクが高い人の特徴は下記の通り。

●外科手術を終えたばかりの人
●糖尿病患者の方
●広範囲で抗生物質や抗真菌剤を使用した治療をした方
●体内に入るラインやチューブ(呼吸チューブ、栄養チューブ、中心静脈カテーテルなど)を使用している方

上記のように、病院で治療していて、
特に抵抗力が下がっている方以外は
普段どおりの生活で感染して、
重篤なケースになることは無いようです。

パンデミック(大流行)を引き起こしているというより、
菌の存在が認知されてきていて、
報告例が増えていると捕らえたほうが良いのかもしれませんが、

病気を治療して入院している患者さんにとっては
また新たな心配要素が増えたなぁという感じです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする