市川猿之助が骨折!怪我の原因と降板による代役は?


http://natalie.mu

歌舞伎俳優の市川猿之助さんが
舞台中の怪我で、左腕を骨折するという大怪我を追ってしまいました。

スーパー歌舞伎「ワンピース」は
10月6日に初日を迎え、
11月25日が千秋楽です。

アニメを歌舞伎にするという
今回の企画は内外から大変注目されていただけに

舞台初日が始まってわずか4日目に
事故が起きてしまい、

猿之助さんの命に別状はないとのことですが、

これからどのように対応していくのか、
本当に大変な事態になって来ています。

スポンサーリンク

市川猿之助さん、左腕骨折の原因は?

今回の事故の原因は、

猿之助さんがルフィーの衣裳を着て
舞台の昇降装置に乗っていた時、

衣裳が装置に巻き込まれて
衣裳を着ていた猿之助さんも
一緒に機械に巻き込まれてしまったとのことです。

今回の演目ワンピースはⅡとなっているので、
一度上演している舞台の再演という事になりますが、

今回は衣裳の早替えや
新しい効果をプラスしている舞台という事で
鳴り物入りで宣伝されていました。

スーパー歌舞伎やミュージカルなど、
現代的な舞台では、
舞台のイリュージョン的な効果の為に
様々な舞台機構を使いますから、

伝統的な歌舞伎の演目に比べて
舞台上の危険がどうしても増してしまいます。

舞台事故といえば、以前にも
ピーターパンの空中ブランコの転落事件や
シルクドソレイユのリハーサル中の
死亡事故も記憶に新しいですが、

舞台事故というのは
プロがいくら気を使って注意していても
起こる可能性があります。

多くのお客様を驚かせるために
あの手この手を使って
魅せるわけなので、

出演者は舞台保険に入ったりしているとは
思いますが、

主役が怪我をしてしまったのは
かなりの痛手です。

スポンサーリンク

市川猿之助は舞台を降板するのか?代役はどうする?

公式サイトによると
当初の公演予定では、

市川猿之助さんが演じているのは
ルフィ・ハンコック役とシャンクス役
の2役あり、上演回によって

ルフィ役の回と、シャンクス役の回に
別れていたようです。

その2つの役がどちらも
ダブルキャストになっています。

ルフィ・ハンコックのもう一人のキャストは
尾上右近さん

二代目 尾上 右近
屋号 音羽屋
定紋 重ね扇に抱き柏
生年月日:1992年5月28日(25歳)
本名:岡村研佑
出身地:東京都
祖父:六代目延寿太夫、鶴田浩二
父:七代目延寿太夫
兄弟:清元昂洋

シャンクス役のもう一人の役のキャストは
平岳大さん

平 岳大・ひらたけひろ
生年月日 :1974年7月27日(43歳)
出生地 :東京都世田谷区
身長 :183cm
血液型: B型
職業 :俳優
ジャンル: テレビドラマ、映画、舞台
活動期間: 2002年 –
配偶者 :あり(2016年 ‐ )
著名な家族 :平幹二朗(父)
佐久間良子(母)
事務所: シス・カンパニー

当面はこの2人が代役となって、
上演を続けることになるでしょう。

市川猿之助さんは骨折ということなので
11月25日の楽日までの間
どこかのタイミングで、
ギブスをはめてでも舞台に出られるのかどうか?

医師と相談して決定するということになります。

ダブルキャストの2人も
もともと予定していた出演日に加え、
猿之助さんの分まで出演するために、

体力的にも命がけの公演となりそうです。
猿之助さんと同じような
舞台事故が起きないように

事故の原因を検証して、
無事安全に公演を続けて欲しい思います。

猿之助さんも舞台に出られず
辛い治療の日々を過ごすことになると思いますが、

後々怪我が残らないように
治療に専念して欲しいと思います。

関連記事
市川猿之助ワンピース休演・降板?によるチケット払い戻しについて

スポンサーリンク