岡本真夜の息子や現在は?2つの病気を克服しピアニストに!


TOMORROWが大ヒットとなった
癒し系の歌手、岡本真夜さん

2017年現在はもう43歳なのですね!

現在の岡本真夜さんはどんな生活を送っているか
確認しておきたいと思います。

スポンサーリンク

岡本真夜、プライベートでは結婚・息子の出産・離婚を経験

まずは岡本真夜さんの略歴から

岡本 真夜(ピアニスト名:mayo)
1974年1月9日生まれ(43歳)
出身:高知県中村市
(現:四万十市)
学歴 高知県立高知南高等学校

岡本真夜さんの代表曲TOMORROWがヒットしたのは
1995年、岡本さん21歳の時です。

この曲がヒットしたのも、結構前なんですね。

TBSのドラマ
「セカンドチャンス」の主題歌となりました。

TOMORROWの大ヒットにより、
一躍有名となった岡本真夜さん

この曲は、小・中・高校で運動会は
スポーツをする時など
教育の現場でも応援歌として
結構重宝されていましたから、

岡本真夜さんとTOMORROWの認知度は
かなりのものであると思います。

その後、岡本さんは2000年に結婚を発表。
同年11月には男の子を出産します。

お相手は、ライブの美術スタッフさんとのことで
一般の方です。

赤ちゃんが1歳になったころ、
2001年には歌手として復帰、

岡本さんの息子さんは今は17歳
もう高校生になっているのですね。

月日が経つのはやい!!

しかし、岡本さんと旦那さんは
2013年には離婚していたといいます。

息子さんが中学1年生の時ですね。
離婚原因は一体なんだったのでしょうか?

スポンサーリンク

岡本真夜・離婚の原因は?

岡本真夜さんが離婚した原因を
2015年の大晦日にブログで説明しています。

息子の幸せを考えて、
息子が高校を卒業するまでは
公表したくなかったのだそうですが、

簡単に言うと、
岡本さんがアーティスト活動をしていく上で

妻として、母親として
夫や息子に愛情をかけることと

仕事・アーティスト活動との
バランスが取れなくなってしまったとのことです。

なので、特に旦那さんとトラブルがあったということはなく、

旦那さんと息子さんと
ちょうど良い距離感を保ちながら

アーティスト活動を続けたい
ということが理由のようです。

今でも、家族3人は仲良しで
よく食事に行ったりは普通にするそうです。

歌が急に下手になったといわれた岡本真夜・その真相は?

2017年8月
24時間テレビでTOMORROWを
生放送で歌った岡本真夜さん

ネット上では
岡本真夜の歌が以前とちがう、
歌へたになった?
声がでていない
病気になったの?、、、と

岡本さんを心配する声が続々と
投稿されたとのことです。

そのときの歌が下記の動画です↓↓
確かに苦しそうな声で歌っています。

岡本真夜さんの歌い方が変わったのは
メニエール病の影響といわれています。

岡本さんに一体何があったの

でしょうか?

チョコレートのう胞・メニエール病の原因はストレスが原因か?

岡本真夜さんは2016年に
チョコレート嚢胞(のうほう)という卵巣の病気に
罹っているということを発表しています。

女性ホルモンの影響で起こる病気といわれ
子宮内膜の排出が上手くいかず
チョコレートのように溜まってしまう
病気です。

岡本真夜さんは手術によって
この病気は克服したようですが、

かなりの激痛を伴う病気のようです。

そしてその後、岡本さんは
メニエール病という耳の病気も
発症します

メニエール病の原因は
ストレス・睡眠不足・疲労・気圧の変化・几帳面な性格などが
あるといわれていますが
詳しい原因はまだ分かっていないことも
多い病気です。

岡本真夜さんは
気持ちが繊細なイメージがあるので、

自分の気がつかないところで
沢山ストレスをためていたのかもしれません。

メニエール病に気がついた時は、
音楽番組で歌が上手く歌えなくなった時だそうで、

その後、頭痛・めまい・難聴になやまされ、
一時期は歌手の引退も考えたそうです。

歌が下手になったという
評判が起きることも
岡本さんにとっては
どれほど辛かったことか計り知れません。

その後ピアニストに転身し芸名をmayoに改名

身体中の健康に不調をきたした
岡本さんですが、

音楽活動を続けたいという情熱は強く、
2016年3月からは
ピアニストとしての活動を開始しました。

ピアニストとして活動する時は
mayoという名前で活動しています。

何故改名する必要があるのか
既存の岡本真夜という名前で活動することが
ピアニストとして活動するときに
不便なことがあるのかどうか

ちょっと分かりませんが、
いろいろ著作権上の理由もあるのでしょうか?

いずれにしても、
病気を克服しながら
音楽活動を力強く続けていく
岡本さんの生命力や人間としてのストーリ性に
これからも興味は尽きませんね!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする