薬丸翔は何者?薬丸ファミリー5兄弟の経歴がグローバルすぎる!


アドマチック天国などにご出演中のヤックンこと薬丸裕英さんと元歌手の石川秀美さんの長男で、俳優の薬丸翔さんが注目されています。

薬丸さんには実はお子様がなんと5人居て、長男は俳優、次男はプロサッカーのユース選手、長女はタレントとして活躍しています。

今日は薬丸ファミリーの皆さんの活躍についてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

薬丸翔って何者?学歴や経歴は?

薬丸翔(やくまる・しょう)
芸名:SHO
1990年10月25日生まれ
身長:185cm
俳優(2007年~)
所属事務所:フライングボックス

2005年(15歳)
クラウン・クリエイティブという会社の
「ROMYRHINO Kids ロミーライノキッズ」のイメージキャラクターに選ばれ、
薬丸という苗字はあえて使わず、SHOという芸名で芸能界デビュー。

その後、高校はアメリカの高校に通っていたそうです。

高校卒業後は、カルフォルニア州のアーバインバレー大学で演劇を学んでいたそうです。
大学の外観はこんな感じ ↓ ↓ ↓

立地としてはロサンゼルスから車で南方面へ1時間ほどの場所にあり、
海や山などの自然にも囲まれていて、環境は最高です!


2007年(17歳)
芸名も薬丸翔 名義で俳優活動を始める。
アメリカの学校に通いながら、すでに俳優としての活動もスタートさせているのですね。

アメリカでの学生生活の経験から、英語はペラペラな薬丸翔さん、

2015年(24歳)
日本での俳優活動として本格的に始めたのは、2015年ごろから、白井晃さん演出の舞台「ペールギュント」への出演。

2016年(25歳)
映画「何者」(三浦大介監督)
舞台「マハゴニー市の興亡」(白井晃演出)

2017年(26歳)
現在の事務所フライングボックスに所属を始めます。フライングボックスに所属しているほかの俳優さんといえば、真木よう子さん、小島聖さんがいらっしゃいます。比較的小規模な事務所といえると思います。

薬丸翔さんは、お父さんの薬丸裕幸さんには顔が似ていないといわれていますね。

確かに、お父さんに比べてちょっと女性らしい顔立ちで、タレ目なので私もあんまり似ていないと思います。

イケメン俳優という感じよりは、演技派俳優といった感じになると思います。
顔立ちもとても味があって、色々な役をこなせそうな感じがしますね。

しかも、身長は185cmですごい背が高いので良いですよね!!

つづいて、薬丸翔さんの兄弟の活躍についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

薬丸ファミリー5兄弟たちの活躍がグローバルすぎてすごい件

薬丸家の次男、薬丸隼人さんはサッカー選手です。

CEサバデルフベニールBのユース選手として活躍しています。
CEサバデルブベニールはスペインのカタルーニャにあるサッカーチームです。

長男もそうですけれど、次男もグローバルな活躍をしているのですね!!

しかも三男の薬丸司さんもサッカー選手を目指していて、小学校の時に東京ヴェルディに所属していたのだとか!!

長女の薬丸玲美さんは「Remi」という芸名で2013年からタレント活動をしています。1996年生まれという事なので現在は21歳という事になります。

ただ、Remiさんは最近の日本でのタレント活動については全く情報がなく、今は芸能活動とは違うことをされているのかなとも思います。

Remiさんも高校の時はアメリカ留学されていたりしているので、何かグローバルな活躍をされているかもしれませんね。

タレントデビューの時はアメリカと日本で同時にデビューをし、シンガポールのラジオ番組にも出演していました。

というわけで。。。。
薬丸さんのお子さんはなんと5人兄弟という事で、あと1人いらっしゃるということで、

年齢と名前をまとめるとこんな感じになります。

薬丸翔(27歳・俳優)
薬丸隼人(24歳・サッカーユース選手)
薬丸玲美(21歳・タレント)
薬丸司(18歳・高校生・サッカー選手志望)
薬丸愛美(9歳・小学生)

兄弟それぞれ違う道で活躍していて、将来が楽しみですね。
なんと言っても兄弟が多いと家族がにぎやかで楽しいです!!

薬丸家の皆さんのこれからのご活躍を楽しみに見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする