マツコ「占いハマっちゃってる人で幸せそうな人を見たことがない」その理由とは?


shutterstock_226746934

昨年末、原宿で、友達と忘年会をした帰りに

遊び半分で「原宿の母」に占ってもらい、
まあ、こんなものかなw
って思ったしっぴーですこんにちは♪

私、MXテレビの5時に夢中が好きで
よく見るんですよね。

この間「5時に夢中!」で、
朝日新聞の記事をネタにして、
「占いにハマる友人をどうしてあげたらいいか?」
という内容でトークをしていました。

マツコ・デラックスさん曰く
占いにハマる人には共通点があり、
占いにすがっている人で
幸せそうな人を見たことがないとの事。

つまり、

占いにハマっている人は、
大抵悩みを持っていて、
幸せを感じていないのではないか?

占いに行く人って、
自分の人生の方向性に迷っていて、
こうしなさい!
と誰かに決めてほしい
答えを教えてほしい!
っていう状況にいるんですね。

そういう人は大抵
周囲には計り知れないくらい
悩んじゃっているんですよね。

幸せじゃない人はどんな状態か?

マツコさん曰く、
占いにハマっている人は
占いに行っても
悩みは解決せず、

むしろ悩みが増えてしまい、

その結果、
占いにハマってしまう

悪循環に陥る

との事。

果たしてそうなのかどうか?
私が原宿の母に行った時の事を思い返してみました。

スポンサーリンク




占いに行くとどうなるか。

私が友人と原宿の母のところに行った時は、
私は全く悩みなし(笑)
友人はちょっと悩みありでした。

原宿の母さんは、
名前と生年月日を書かせると、
なにやら表をみて調べました。

紙に
家族や恋人の生年月日も書いてね。
と。。。。

それで、
何か専門の本で調べて
手相を見て

・運勢はどうなのか
・恋愛運
・健康運は
何歳くらいでどんな感じ
人生になるよ~。
とか言ってくれます。

私は悩みがなかったので、
めざましテレビの朝の占いくらいの
感覚で聞いていて、
運勢がよければラッキー
みたいな感覚。

占い師さんの事を
面白い人種だなぁなんて思いながら
会話をしてて、冗談半分で
信じてないんです。

だって、

多分手相とか、
専門書とかほとんど見てなさそう(笑)
わかんないけどね。
話の反応を見ている。

その人がどんな悩みを持っているのか?

友人は悩みがあったので、
原宿の母から
アドバイスをもらうと

悩んでいた事を思い出して
涙をポロポロこぼしました。
じつは友人は泣くほど
悩んでいたわけです。

普段私が気を使ってあえて
言わないような
お節介なアドバイスも

原宿の母が第三者の目から
アドバイスをくれるんですね。
それも、遠慮なしに!!

占いって、結局は
他人に人生相談をして、
答えを出してもらう為の助けを
してもらうって事なんです。

それで、
最後は本人が答えをだす。
自分で答えが出せればいい

でも、

いつまで経っても決められない人は、
いつまでも迷って解決しないから
また占いに行ってしまうんだな。

原宿の母は帰り際に言いました。

「頑張ってね。悩んだらまた来なさい。」と。

これで、またなんども原宿の母のところに、
通ってしまう。
これが、悪循環です(笑)


悩んだら、迷ったらどうしたら良いか?

私も人並みに悩んで
人に相談も出来ず
悩んだことがたくさんあります。

まずは、
状況に身を委ねるのをやめること。
くよくよして悩んでいる時間は
損だということを知ること。
人生短いんだから。


自分の環境を変えられる方法を
頭の中で
箇条書きにする。

できる事から実行する。

いくら占いをしてもらっても、
友達に相談しても、大抵意味ない!!
なんでも自分で決めようw
ってことです。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする