二階堂には実在する人物がいた!染谷翔太さん役作りの為に激太り?「3月のライオン」


バレンタイン前になるとどうしても
脳みそがチョコだらけになってしまう
しっぴーですこんにちは♪

最近体重計に乗って居ないんだけれども。。。。。
なんとなくおなかが出てきているようなきがするんだけれども。。。。
激太りしている気がするんだけれども。。。。。。
気のせい気のせい。。。。。。(笑)

それはさておき、

「はちみつとクローバー」の作者、
羽海野チカさんの漫画「3月のライオン」
映画化されることが発表され、
前編は3月18日、後編は4月22日に公開されます。
2回にわたって映画公開されるという
この人気のすごさ。
出演者のビジュアルも
次々と発表されています。

主人公零役に、神木龍之介さん
零の義姉の幸田香子役に、有村架純さん
長女あかり役は、倉科カナさん

その途中で。。。。。。
。。。。。。。。。

 
ん。。。。。。?

って誰もが思うこと、
二階堂晴信役が染谷翔太さんって、
もともと普通にやせてる人だよね。

natalie.mu

役作りの為に太ったの?
これ30キロくらい太らないとこんな風にならないよね!!
と思うのですが、調べてみたところ、
役作りの為に太ったのではなく、
特殊メイクを施しているとの事!!
彦麻呂??(笑)
と一瞬思ってしまった。。。。

スポンサーリンク



大友啓史監督が染谷翔太さんをキャスティングしたわけ

shotasometani.jp

24歳の染谷翔太さんは7歳から子役として
俳優のキャリアをスタートさせ、
現在17年目ともなるベテラン俳優。
これまでも、映画を中心に活躍していて、
本格派の俳優として確固たる地位を築いています。
そんな、染谷翔太さんが
二階堂というかわいらしい
キャラクターっぽい役をやるなんて、
ちょっと以外でした。


彦麻呂っぽい人がやれば
いいんじゃないかって
思ってました。

「るろうに剣心」の実写化も手がけたという
大友啓史監督によると、
「3月のオレンジ」の登場人物は
「るろうに剣心」のような伝説っぽいというか
ファンタジーではなくて、
実在する将棋の世界を取材して作られている
リアルなストーリーだから、
登場人物たちに漫画の中のキャラクターの設定を
簡単に当て込むのではなく、

人物の細かい感情を表現が求められる
シリアスなストーリなので、
演技力が求められるんです。

染谷さんのこれまで出演している作品の
芝居をみてふとひらめいた!!と
大友監督はおっしゃっています。

ただし、顔を特殊メイクすると
表情で演技が出来ない。
しかし、染谷さんは、
目力がすごいから、
目で演技できるからOK!
なんだとか。。。。

スポンサーリンク



二階堂のモデルになっている実在の人物は村山聖(むらやまさとし)さん

幼い頃から、将棋のライバルとして一緒に成長してきた
主人公の零と二階堂。
漫画の中の二階堂は
金持ちの坊ちゃんなのに
気取らず、

零に対する熱い友情を持っていて
常に一生懸命の向上心を絶やさず

小さな子供にも優しく将棋を
教えられるっていう
人気者のキャラクターで、
あかりさんの家に行っても
すぐに家族に溶け込んでしまうという
この人懐っこさ!!
でも、こんなに太っているのは
実は腎臓の持病があるからで
食べ物にも気を使わなくてはなりません。
二階堂の付き人のおじいさんは
いつも坊ちゃんの体調を気にしているのは
そのためですね。

iesiat.cocolog

二階堂さんのモデルになっている
プロの棋士の村山聖さんは、

誰もが知っている天才一流棋士の羽生善治さんと
同格の素質を持つといわれ

かつて「東の羽生、西の村山」と並び称されて
羽生さんを脅かす存在になるのではないか。
とウワサになったのが故・村山聖九段。
10代のうちから頭角をあらわしていました。

関西で活躍していましたが、
「羽生さんと同じ空気を吸いたいから」
と言って、東京に状況してきた村上さん。
そのあたりもアスリートっていう感じがする
エピソードです。

村上さんは、
子供の頃から「ネフローゼ」という腎臓の難病
抱えていて、
プロになった後に癌になってしまいました。
入院・手術をしていつ病状が悪化して
将棋が出来なくなるかもしれないと
思いながらも将棋を指し続けた魂の棋士です。

過酷な運命を背負いながら、
将棋の最高クラスであるA級まで昇格し、
幼い頃から夢見たタイトル「名人」
の一歩手前で将棋をさせなくなり、
1998年に29歳の若さで亡くなってしまった
村上聖さん。。。。。

実はこの村山さんをモデルとした映画が他にもあって
「聖の青春」っていう映画なのですが、

そのとき、主演の村上聖役をしたのが
松山ケンイチさんでした。
松山ケンイチさんの時は、
特殊メイクではなくて、
役作りの為に、
わざわざ太ったそうですよ。

そのくらい気合を入れて
役作りをして
演じる精神と根性の
煮えたぎった人が村上さん

そして、3月のライオンの中では、

村上聖さんがモデルの
二階堂というキャラクターなのです。

自分が癌でいつ人生が終わっても
くいがないように
今を生きる。

このストイックな精神が
涙なしでは語れないですね。

スポンサーリンク