片岡鶴太郎がヨガ生活で不健康に!?医学的に余命を検証した結果。


mantan-web.jp

TBSの新番組
「名医のTHE太鼓判!」2時間スペシャルでは、

片岡鶴太郎さんのヨガボディが
健康にどんな影響を及ぼしているのか

医学的に検証するという興味深い企画が
放送されました!

片岡さんの就寝は午後7時ごろ

毎日深夜1時頃に起きて、
4時間かけてヨガの呼吸や
ストレッチなどを行なっている片岡さん

腸はずしなどをぐにゅぐにゅやって
一通りのメニューをこなします。
2時間かけてフルーツや菜食主義の
朝食をゆっくりかんで食べます。

食事は1日1食。

一見身体に良さそうですよね。

しかし、お医者様たちのチームは
腸に悪い影響を及ぼしている可能性がある!!

とおっしゃったのです。

一体、鶴太郎さんの身体に何が起きているのでしょうか?

スポンサーリンク

片岡鶴太郎さん

片岡鶴太郎さんは、ヨガの力で
125歳まで生きられる身体をつくっていくと
宣言しています。

「ヨガをすると内臓が喜ぶ」
そう話す鶴太郎さん

朝の食事の時もお湯を飲みながら
ものすんごーくよく噛んで食べています。

しかし、食事のバランスで言うと
たんぱく質摂取量が足りておらず、

片岡さんと同じ年齢の男性の
平均摂取量からすると
半分も取れていないとのことです。

体重が激減して、やせすぎになってしまったのは
この菜食主義のストイックな食事によるものだったのです。

やっぱり食事は
色々な食べ物をバランスよく
摂取することが大事です。

医師によると、
鶴太郎さんには魚によるたんぱく質の摂取を
お勧めしています。

スポンサーリンク

片岡鶴太郎の腸と脳に起きていること

片岡さんの腸内環境を医学的に調べたところ
食事の量、
つまり食物繊維が足りていないとのことです。

1日1食の生活をあたらめて、
腸に食物繊維の栄養を
もう少し与えた方が良いようです。

また、片岡さんの脳は
睡眠している間、
深い睡眠に入れていない状況が
続いており、

脳が休む暇がなく働いており、
休めていない!!とのこと。

こうして、片岡さんの余命は15年と判定され
62歳の片岡さんの余命判定は77歳までとされました。

なんだかリアルな数字ですよね・・・・。
医師チームの間では、賛否両論あったようで、
ヨガ生活が身体にどんな影響を及ぼすのかは
まだ分からないのですが、

医学的には、睡眠不足、食物繊維・たんぱく質不足
腸内環境が良くない。という判定のようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【プライバシー・ポリシー】 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。