グルテンフリー食材とは?リーキーガット症候群・セリアック病とは?


最近は、小麦粉の変わりに米粉を使う方が
すこーしずつ増えているのをご存知ですか?

最近グルテンフリーという言葉を耳にされることもあるかもしれません。

グルテンというのは、小麦粉に含まれる
たんぱく質のことで

パンやパスタ、うどんには入っていますね。

そばにも全部そば粉ではなくて
小麦も含まれて居ます。
(口当たりを良くするため)

全部そば粉で作られているのは
十割そばって呼ばれていて
グルテンは入っていません。
まあ、よほどのことが無い限り
十割そばにはお目にかかれません。

あと、ラーメンやそうめんも
小麦粉ですね。

なぜ、グルテンの入った小麦粉の代わりに
米粉を使う方が増えているのでしょうか?

スポンサーリンク




グルテンフリー食材でダイエットをする人々

グルテンフリーと聞いてまず有名なのが
一流モデルのミランダー・カーさんが

健康によいといって、
グルテン摂取をやめた食事生活をしていることです。

ハリウッドセレブを始め、
日本のタレントやモデルも
グルテンフリーに取り組んでいるそうです。

日本では
ローラさんや有村架純さんも
やってみているとの事。

なぜグルテンを摂取しない食生活が
ダイエットにつながるというのでしょうか?

グルテンフリーは本当に
身体によいという証拠があるのか?
お話していきます。

グルテンフリー食がダイエットに効く?

グルテンフリーがダイエットに効く、
健康に良い。と言っている方の主張として、

小麦粉のグルテンに含まれる
グリアジンという成分に中毒性があり、

パンやパスタやピザなどで
グルテンを摂取すると食欲がとまらなくなる。
というもの。

ちなみに
私は、自分でも試しましたが
正直、
ダイエットに良いとか
お肌がきれいになるとか、
実際の効果は感じられませんでした。

グルテンフリーを提唱する方が増えているのには
もう1つ理由があります。

グルテンが及ぼす病気・リーキーガット症候群・セリアック病

リーキーガット症候群という病気があります。

リーキーはLeaky(漏れる)
ガットはGut(腸)
という意味です。

人が食べ物を食べたときに
腸から栄養を吸収しますが
腸から栄養を吸収する際に
グルテンが阻害する。

場合によっては、腸内で
腸の壁に炎症を起こし
小さな穴を沢山開ける場合もあるというのです。

グルテンに耐性がない体質の方
皮膚に炎症が出たり
花粉症のような症状が出たりして
苦しんでいる方もいるそうです。

というわけで、アトピーや
原因の分からない体調不良や
消化不良があるという方

小麦食から、米食に
切り替えて様子を見てみるのも
良いかもしれません。

そば粉アレルギーの方なんて
1度食べただけで、身体がショック状態になって
死亡する方もいるんですから、

小麦でもそのような
病気があるのは当然とも思えます。

また、セリアック病という病気
グルテンを摂取した人が
グルテンを引き金に起きる免疫疾患で
栄養失調、
精神障害
パニック障害
ADHDなどの症状がおきると言われています。

セリアック病の場合も腸にグルテンが
存在していることで引き起こされる病気です。

スポンサーリンク




グルテンフリー食材をめぐって裁判も起きている

ベルギーでは2017年5月16日に
グルテンフリーのミルクを与え続けた
乳幼児が死亡したことにより、
責任を問う裁判が開かれました。

保護者に何らかの過失があったのか
グルテンフリーのミルクのせいなのか

グルテンフリーの食品が
本当に健康に効果があるのか無いのか?

裁判が起きるほど賛否両論なことなのですが、

現在、私が知っている限りでは
グルテンフリーが本当に
身体に良いとか悪いとか、

残念ながら、今現在は
確証のとれるエビデンス(証拠)は無いのです。

ヨーロッパでは古くから小麦を食べてきましたので
赤ちゃんが亡くなった理由は

グルテンフリーのミルクが原因だ!!

という主張をされるのも
分からなくもないですが、

私達日本人は
古くから米食をしてきましたので
小麦を食べなくても栄養失調にならない
という事は想像できます。

今回のグルテンフリーミルクをめぐる裁判に関していうと
この赤ちゃんは、
グルテン以外の栄養が足りていないのでは無いか
と推測します。

結局、いろいろな食品をバリエーション豊かに楽しく食べるのが良い

私は昔から健康オタクなので
ヴィーガンやマクロビオティックの食事を
試したりしたこともあるのですが、

海外では、菜食主義の方でも
子供に偏った栄養の食事を与えて
栄養失調で死なせてしまったという事件が
ニュースになった事もありました。

新しく出来た食事制限の健康法は
どれも提唱し始めてから年数が浅く、
ほんの数十年の実験での話し。


2世代・3世代で試して
結果が出ているわけでは

ありません。

だから結局食べ物って、

みなさん自分に合うかどうか続けてみて
身体に対する人体実験をしている段階なのです。

グルテンフリーの食事も本当に
効果があるかどうかはこれから
立証されていくし、

今のところ確たる証拠がありません。

でも、すくなくとも

小麦が高騰してきている昨今の状況では
日本で沢山取れるお米をつかった米粉が
ポピュラーになっていくことは
日本の農業にとっては大変喜ばしいことだと思います。

スポンサーリンク




【プライバシー・ポリシー】 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。