板尾創路さんが監督?!「火花」映画化決定!


eiga.com

年々
本を読まなくなってきている
しっぴーですこんにちは♪

ネットで記事を読んだり、
マンガを読んだり、
SNSをチェックしたり、
活字を読んでいる量は
そこそこあるんじゃないか
と思っています。

でも時間に追われて
せわしないですね。
今は情報が自分の前を
通りすぎる時間が
本当に早い。

ゆっくり読書する時間が
欲しいなぁって
いつも思いますね。

自然に囲まれた素敵なカフェとかで

まったりお茶をしながら。。。。。

静かな空気の中で
落ち着いて本を読みたいですね!!

ところであなたは、
数年前に流行った
「ピース」の又吉直樹さんの小説
「火花」は読みましたか?

お笑い芸人の方が
第153回芥川賞を受賞して
話題になりましたよね。

又吉さんの作家デビュー作
であるにもかかわらず、

純文学では異例の累計283万部を突破したという
驚異的な数字。

また、ネットフリックスで
ドラマ化もされたので、
海外にも人気が出ていますし、

NHK総合でも2月26日(日)夜11時〜

放映されますよ!

要チェックや~!!!

スポンサーリンク



「火花」映画化!板尾創路さんが映画監督を務める!!

「火花」を
お笑い芸人130Rの板尾創路さん
(ホンコンの相方)が、監督を務め、
映画として全国に公開されるそうです!

「火花」は、
又吉さんの“分身”である
売れない若手芸人の徳永と

天才肌の先輩芸人神谷さんのストーリー。

二人は深い友情に結ばれるが、
次第にもともとは才能がなかった徳永が売れてしまい、
一方、天才肌の神谷は不調に悩んでいくという

仲の良い2人にとっては、
なんとも言えない不条理な内容の小説。

この火花を
お笑い芸人として、
又吉さんの大先輩でもある
板尾創路さんが
監督を務めることが発表されました!!

板尾さんは、
お笑い芸人の中でもシュールな笑いを誘う、
特別な存在ですね。

雰囲気が又吉さんに
似ているかもしれません。。。。。

実は今板尾さんは
お笑い芸人としての仕事に加え、
ドラマや映画での俳優としての出演が圧倒的に多く、
俳優さんとしても大活躍していらっしゃいます。

板尾さんといえば、
あのギョロッとした大きな目が
なんといっても特徴です。

シリアスな演技をしていても、
どこかシュールな笑いというか

アイロニーが
詰まっているように見える。

それは、
板尾さんならではの独特な表現として、

業界内でも評価が高いようです。

スポンサーリンク



板尾さんが俳優向いているからって、実際映画監督とか出来るの?

今回「火花」の監督が板尾さんに決まったことは
結構話題になっていて、

ツイッターの話題ランキングで
「板尾創路監督」っていうキーワードが
急激に話題になってしばらく
1位になっていたくらい。

一般の皆さんにとっては意外なことでした。

宣伝の為に表に出ている人(有名人)を
使っているのではないか?

って思う方も少なくないはずです。

でも実は

板尾さんはこれまで
かなり本格的に監督業をした作品が2つあります。

それは下記の2作品

「板尾創路の脱獄王」(2010年の作品)
「月光ノ仮面」(2012年の作品)

「板尾創路の脱獄王」は、
戦争が始まる前の昭和の不穏な時代、
何度脱獄しても捕まってしまう男の話。

いつも器用に脱獄するんだけど
いつも捕まってしまう。
最終的には無人島に送り込まれてしまうという
伝説の男です。

この作品には、
板尾さんが、「鈴木」という役で
主演と監督をしています。

この作品は、
韓国・釜山国際映画祭にも出品されるなど、
本職でやっている監督レベルの
評価をされています。

是枝裕和監督など一流の監督も
太鼓判を押しているほど!

「月光ノ仮面」の方は、
落語の「粗忽長屋」をもとにした映画。

街で死体の身元を確認でたずねられ
友人の死を知った主人公。
だが、主人公は友人には会ったばかりなので

「あれ、昨日会ったよな?」

となる。
友人の方は
自分が死んだことに
気がついていないという
奇妙なストーリー。

この2つの映画も今度観て観たいと思います!

映画「火花」のキャストは菅田将暉と桐谷健太がダブル主演

au

左が桐谷健太さん
右が菅田将暉さんです。

auのCM「三太郎」シリーズで
“鬼ちゃん”と“浦ちゃん”役で共演し、
お馴染みとなっている顔ぶれ、
菅田将暉さんと桐谷健太さん!

二人とも大阪出身であるだけに、
関西弁のセリフや漫才シーンでは

どんな演技のキャッチボールをしてくれるのか、
期待されています。

半年かけて脚本を完成させた板尾監督さんは

「最終的に2組の漫才コンビを
M-1グランプリに出場させたい」
と宣言しています(笑)

菅田将暉さんと桐谷健太さんを
本気で芸人にしようとしてる(笑)

一体どんな内容の漫才になるんだろ?

めっちゃ楽しみ☆

そんなエピソードもこれから話題になりそうですね!

神谷の恋人・真樹役は木村文乃さん!

tristone.co.jp

やわらかい雰囲気が人気の
木村文乃さん
もう29歳なんですね!!

去年2016年の11月に結婚されたばかりの
新婚さんです。

って映画の内容と関係ないか(笑)

徳永とコンビを組む「スパークス」のツッコミ担当・山下を「2丁拳銃」の川谷修士さん!

yoshimoto

川谷さんは結構イケメンですよね!!

映画だから、
お笑い芸人もついつい映画館に

わざわざ行ってみたくなるイケメンを
揃えてくるところが
ニクイところです。

神谷の相方役「あほんだら」のツッコミ担当・大林役は、三浦誠己さん!

decadeinc.com

三浦さんは現在41歳。

大阪NSC13期生で、
1996年にお笑いコンビ「トライアンフ」で
活躍していた三浦さん。
吉本興業に所属していたのですが
翌年にコンビを解散し、
東京でピン芸人として活躍された方です。

2003年より俳優に転向してい
もとお笑い芸人の三浦さんです。

お笑い芸人の話を、お笑い芸人の板尾さんが監督するのはとても自然な事。

又吉さんは、板尾さんが監督を
務めることに厚い信頼を
寄せています。

なぜなら、芸人である
板尾さんだからこそ
売れない芸人の気持ちが
痛いほど分かるからです。

お笑い芸人って
特殊な仕事で
ぜんぜん食えなくて、
それでもやりたい人がたくさんいて

売れなくても
何年も
絶対諦めないって

頑張っている人が
たくさん居ます。

そんな芸人さんたちの
苦悩や、芸人あるあるを
リアルでシュールなタッチで

しかも面白く魅せてくれるのが
板尾さんの手腕の光るところでしょう。

なんと!又吉さんは新作小説「劇場」を発表予定!

yoshimoto.co.jp

又吉さんは第2弾小説である
「劇場」を3月7日発売の
文芸誌「新潮」(新潮社)4月号に
掲載すると発表したばかり!

新作の「劇場」も
これから間違いなく話題になっていくでしょう。

お笑い芸人さんたちの

「芸のジャンルを横断した才能」

これからどんどん発揮されていくのが楽しみですね!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【プライバシー・ポリシー】 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。