中村竜太郎のスタンスは?松居一代と船越英一郎のどちらが真実?


ameblo.jp

松居一代さんが7月4日の深夜にUPした
2つの告発動画が話題になっています。

松居一代さんの主な主張は下記の2本筋

・週刊文春にだまされた!
・船越英一郎は糖尿病にも関わらずバイアグラを飲んで浮気をしており、
浮気相手は共通の親しい友人である。

怖いですね~!!

この2つの動画を発端に、
船越英一郎さんサイドも黙っておられず、
「只今離婚調停中です。
浮気をしているという事実はありません。」

と代理人がコメントを出しています。

こうなってくると、
はて、どちらが言っていることが正しいのか
という事になります。

一体何がおきているのでしょうか?

スポンサーリンク

週刊文春のフリージャーナリスト中村竜太郎氏がキーマン

松居さんも、週刊文春を恨んでいる割には、
7月6日発売の週刊文春の
宣伝をしてしまっていますね・・あらあら

今回の号はかなり売れると思います。
皆、一体何が書かれてあるのか
気になってしょうがないですもの(笑)

松居さんのyoutubeには
3名の週刊文春の担当者の名前が挙げられています。

・しんたに編集長
・デスクの中村さん
・鈴木りゅうたさん

この中で、どうも中村さんという方が、
今回の記事のキーマンのようです。

中村さんとは週刊文春のフリージャーナリストの
中村竜太郎さんの事のようです。

中村竜太郎さんは現在52~53歳。
これまでテレビ番組のワイド番組やニュース番組に
ジャーナリストのコメンテータとしての出演も多く

フジテレビのめざましテレビ、とくダネ、バイキング
TBSのひるおびなどテレビ出演も多数。

ラジオでも荒川強啓のデイキャッチなどに出演しており、

ASKAさんの薬物使用による逮捕の時も
大活躍!大宅壮一ノンフィクション賞に
ノミネートされたりしており、

ジャーナリストとしては
キャリアや実績がある方のようです。

中村竜太郎さんの松居一代さんに対するスタンスは?

週刊文春の中村さんサイドは、
今となっては、松居さんとは全く連絡を取らず、

松居さんとかつて約束していたといわれる
「原稿が出来上がったら、音読して聞かせる」

この約束を破ったと松居さんは主張しています。

何故、週刊文春側は、
松居一代さんと連絡を取らなくなったのか?

それは中村竜太郎さんのジャーナリストのプロとしての
判断なのでは無いかと思います。

松居一代さんの情報だけでなく、
船越英一郎サイドの取材もして、
真実を書く。

中村さんはこれを貫こうとしていると思います。

松居一代さんの主張は分かりますが、
松居さんの話ばかりを信用するわけには行かない状況だ。

そういう状況であることを
暗に表わしていると思います。

スポンサーリンク


松居一代さんに対する風あたりは冷ややか・・・

松居一代さんに対する世間の反応は総じて冷ややかです。

まず、7月4日にリリースした2つの動画の
評価を見てみます。

1つ目の動画は、現在goodが4261 badが15540

実に、3倍以上の方がbadのボタンを押しています。

続いて2本目の動画、、、、

2本目の動画は20分以上の長い動画なので、
分量が多すぎて、閲覧数は比較的伸びていませんが、

コチラの動画は
goodが4508 badが8366

badを押した方が倍くらいいます。

このように松居さんを応援する声が少ないのは
下記の理由があります。

・松居一代の話が信用できない。彼女は精神病に罹って
ヒステリーを起こしているだけなのでは無いか?

・松居一代の怨念がこもりすぎて怖い
・深夜にこんな迷惑な動画を配信している
松居一代をタレントとして人として疑う。

・こんなに自分の夫の浮気のことをせきららに暴露するなんて
なんか醜い。

・演技調でまくし立てるのがイラっとくる。

と、このように、松居一代さんは
世間から見ると、ちょと信用できない。
変な人だなぁというアウェイな状況になっています。

松居さんサイドとしては
真実は1つしかないが、
船越英一郎の事務所ホリプロの
力が強靭すぎるために

力でねじ伏せられてしまうのだという
言い方も松居さんはしていらっしゃいます。

・船越英一郎さんは本当に浮気をしていたのか
・本当にバイアグラを飲んで頑張っていたのか(笑)

果たして真相はどうなのか?

これから明らかになっていくと思います。

スポンサーリンク
【プライバシー・ポリシー】 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。