日本カビと呼ばれる理由は?カンジダ・アウリスのや予防法や感染経路をチェック!


topics-jp.com

2009年に帝京大学で70代女性患者の「耳だれ」から発見された
カンジダ・アウリスという菌。

この菌によって、抵抗力の無い人は死亡する例も出ているらしく、
世界的な大流行を引き起こしているそうです。

菌に感染しないためにはどうすれば良いのか?
感染経路の傾向など調べてみました。

スポンサーリンク

カンジダ・アウリスが日本カビといわれる理由

近年発見され、死者も多数出ているほど危険な
カンジダ・アウリス。

何故「日本カビ」と呼ばれるのでしょうか?

答えは簡単です。
「日本で初めて発見された菌だから」

しかし、カンジダ・アウリスの研究が進むにつれ、
世界中でこの菌が発見され、

カンジダ・アウリスの中でも
抗生物質などの薬に対する耐性、
つまり薬を投与しても死なない菌が
全体の4%ほど存在することが分かったのです。

カンジダ・アウリスの中でも
菌の型がいくつか発見されているようです。

世界的パンデミック(大流行)を引き起こしているカンジダ・アウリス

日本でカンジダ・アウリスが発見された後、

韓国やインド、パキスタン、英国、米国、南アフリカなどの海外でも同じカビが発見され、

この菌は日本だけではなく、
世界中に存在している菌であることが分かりました。

2011年には韓国で患者が敗血症で死亡する事例が報告され、
その後2017年の現在に至るまで、

死亡例が報告され続けています。

アメリカでは昨年7例しかなかった患者数が
2017年には177まで増え、

イギリスでは200例を越える症例が報告されています。

おお~。ちょっと怖くなって来ました。

カンジダ・アウリスの感染を予防するには
どうすれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

カンジダ・アウリスの死亡例と感染経路

カンジダ・アウリスの死亡例の多くは、
抵抗力が著しく下がっている状態の方に起きています。

その多くが、病院の入院患者の方であり、
院内感染が多くを占めているようです。

感染リスクが高い人の特徴は下記の通り。

●外科手術を終えたばかりの人
●糖尿病患者の方
●広範囲で抗生物質や抗真菌剤を使用した治療をした方
●体内に入るラインやチューブ(呼吸チューブ、栄養チューブ、中心静脈カテーテルなど)を使用している方

上記のように、病院で治療していて、
特に抵抗力が下がっている方以外は
普段どおりの生活で感染して、
重篤なケースになることは無いようです。

パンデミック(大流行)を引き起こしているというより、
菌の存在が認知されてきていて、
報告例が増えていると捕らえたほうが良いのかもしれませんが、

病気を治療して入院している患者さんにとっては
また新たな心配要素が増えたなぁという感じです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【プライバシー・ポリシー】 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。