小栗哲也(小栗旬の父)が残したオペラ業界での功績と息子との共通点


小栗旬さんと父親の小栗哲也さんが
サントリーホールの「サントリー1万人の第九」で
共演することがニュースになりました。

小栗旬さんが芸能界に入ったきっかけは
父の哲也さんが、舞台業界で仕事をしていた業界人だったからに他なりません。

この小栗哲也さんが、
クラシック音楽業界の中で特にオペラ業界で
かなり影響力の強い人物であることは
意外に知られていません。

今日は、小栗旬さんの父・小栗哲家さんはどんな人物なのか
ご紹介していきます。

スポンサーリンク

舞台監督・演出家:小栗哲家氏のプロフィール

小栗哲家(おぐり・てつや)
舞台監督・演出家

1949年生まれ(2017年現在・68歳)
愛知県出身
日本舞台監督協会理事
株式会社アートクリエイション代表取締役社長

小栗哲家氏は、1972年から舞台監督助手の仕事を始め、
4年後、1976年、関西二期会の「アルバートへリング」で
舞台監督デビュー

舞台監督というのは、
オペラやミュージカルなどの舞台を公演するときに、
全スタッフのチーフとなり、
現場のスタッフの仕事を取り仕切る責任者です。

照明さん、大道具さん、小道具さん、衣裳さん、メイクさん、制作スタッフなど
大きな公演ともなると100名以上のスタッフを一手にまとめる
非常に責任が重い仕事!!

舞台監督助手の仕事を始めてわずか4年で
監督に就任するなんて、
超優秀すぎます。

小栗哲家さんは
ウィーン国立歌劇場、
ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場
ミュンヘン・バイエルン国立歌劇場など

海外から日本へ招聘されてきた
外来公演の舞台監督を次々と担当し、
日本で一番大きなオペラ団体二期会の
舞台監督も務めながら、

日本で一流の舞台監督として
キャリアを積んでいきます。

これだけ大きな仕事ばかり手がけているのですから、
相当な実力者であることは確かです。

舞台監督集団・株式会社アートクリエイションを設立

小栗哲家氏は自ら社長となり
株式会社アートクリエイションを設立します。

海外からの一流アーティストのオペラ公演を
手がける中で、

日本のオペラ業界のスタッフの充実や
基盤の整備のために
独自のスタイルでスタッフビジネスを始め
一流の舞台監督が多数在籍している
スタッフのプロ集団です。

ただでさえ、日本ではまだまだ浸透していなかった
この時代、オペラの業界の第一線で活躍している
このアートクリエイションは

愛知県芸術文化センター
びわ湖ホール
日生劇場でのオペラ公演
世界的指揮者・小澤征爾のサイトウキネンオーケストラ、
小澤征爾音楽塾など、
など、国内のオペラ公演も多く手がけています。

小栗哲家氏は、
舞台監督の仕事以外にも
演出家としても活躍し、マルチな活動をされており
オペラ業界では超重鎮として君臨しています。

現在は、株式会社アートクリエイションの代表取締役、
東京芸術大学での教鞭をとる傍ら、
兵庫県立芸術文化センター企画制作アドバイザーなど
多くの肩書きをもっている方です。

スポンサーリンク

小栗哲家氏と小栗旬の共通点

息子の小栗旬さんも、
映画監督をされたりしていますよね。

これは父親の影響があると考えられます。
しかも、人気俳優といえども、
映画を作る予算と多くのスタッフを引き連れて
監督に抜擢されるなんて

ただならないマルチな才能を感じますね。

しかも、一時期ニュースになりましたが、
小栗旬さんは俳優の労働組合を作るというニュースもありました。

小栗旬さんは海外の俳優の労働組合の
モデルケースをもとに、
日本の俳優ももっと働きやすい環境を整備する
という事を考えているそうです。

これは、海外のオペラ公演を手がけ、
多くのスタッフのリーダとして引っ張ってきた
父、小栗哲家氏の影響が多大にありますね。

小栗旬さんは、
子供の頃は、父のオペラの舞台の現場に
子役として出演していた時代もあるそうで、
お父さんが仕事している背中を
小さな頃から見ていたのでは無いでしょうか?

小栗哲家氏も、
日本のスタッフがより良い環境で
舞台を作れるように、アートクリエイションを設立したといいます。

親子そろって、
自分が表に出るだけではなく
業界全体の未来を見据えた堅実な活動をしているところが
一流の業界人の品格を感じさせますね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【プライバシー・ポリシー】 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。