メラニア夫人の年齢と身長・トランプ氏の不仲説の真相は?


infoseek.co.jp

トランプ大統領のファースト・レディ
メラニア夫人。

トランプ大統領の3番目の奥様です。

メラニア夫人はファースト・レディにも関わらず
あまり表には出てきません。

むしろトランプ夫人の娘・イバンカさんが
表によく出てきて、
ファーストドーターと呼ばれています。

メラニア夫人が表に出てこないのは
どんな理由があるのでしょうか?

スポンサーリンク

メラニア夫人の年齢・身長・生い立ち

メラニア・トランプ
1970年4月26日生まれ47歳
身長:180cm
出身:スロベニア(旧ユーゴスラビア社会主義国)、セブニツァ出身
最終学歴:リュブリャナ大学を1年で中退

メラニアさんのご両親は
旧ユーゴの国立自動車メーカーで
働く父親と
子供の衣料品メーカーで
働く母親との間に生まれました。

ごく一般的な家庭ですね。

高校性の頃から旧ユーゴの首都、
リュブリャナに移り住み
リュブリャナ大学に入るも1年で
中退しています。

その後はモデル活動をしていた
メラニアさん。

1996年26歳の時、旧ユーゴの内戦を
逃れるためにアメリカに渡米しました。

2001年にはアメリカでの永住権を獲得したと
言われていますが、

不法入国の期間があるのではないかとも言われています。

これは、不法移民を排除しようとする
トランプ氏の政策からすると
示しがつかない事態となってしまいます。

またメラニアさんは
モデル活動といえとも
セクシー系の雑誌モデルを
していたという話や、

モデル事務所に斡旋してもらった仕事が
コールガールであるとかいう
うわさもあり、

ファースト・レディにふさわしいのか?
と首をかしげる人も多いようです。

そのため、

トランプ大統領の選挙の際には
メラニアさんの経歴に触れることは
オフレコだったといいます。

2005年にトランプ氏と結婚し、
その際には、ウェディングドレスを
来たメラニア夫人の美しい写真が
雑誌に掲載され、話題となりました。

1人息子のバロン君は
結婚の翌年2006年に生まれています。

スポンサーリンク

トランプ氏とメラニア夫人の不仲説について

トランプ夫人とメラニア夫人の不仲説は
就任直後から、
ずっとウワサになっています。

というか、メラニア夫人が表に出てくるたびに
仲が悪そうな態度をとるので、
もうトランプ氏としては
困り果てているところだと思います。

まずは2017年1月にトランプ氏が
大統領に就任した時、

大統領就任式で
トランプ氏がメラニア夫人の方に
微笑みかけた時、

メラニア夫人は満面の笑で答えました。

ここまではOK
しかし、次の瞬間
トランプ氏の視線がメラニア夫人から
離れた瞬間、

メラニア夫人が明らかに怪訝そうな顔を
したということで、メディアは大騒ぎになりました。

というか、その写真が
Twitterで拡散されてしまったらしく、

しかも、メラニア夫人の
公式アカウントがそのツイートに
いいね!を押したのだそうです。

その後、そのいいねは
取り消されたそうですが・・・・

Twitter上はざわざわっとなりましたね。

もう、わざとやっているのではないか?
と思われても仕方がないですね。
大勢の人に見られている
ファースト・レディですから
いつでもニコニコしていなければなりません。

その時は、まあ気のせいかなぁ。。。
って感じもあったのですが、
そのほかにも・・・

5月にトランプ大統領が
ヨーロッパ・中東を訪れた際も
通常は手を繋いで笑顔で飛行機のタラップを降りてくるのが
一般的なのですが、

期間中手も繋がずに別々に降りてきたのが
2回もあったということです。

この瞬間は多くのメディアが
トランプ大統領とメラニア夫人の訪問を
報じるために印象的な場面として
写真や映像を撮ることが
あらかじめ分かっているはずであり、

周りのブレーンも通常ならばそのあたりの
印象操作にも気を配っているはずの
場面です。

にも関わらず、
メラニア夫人が手を繋ぐことを
拒否したのではないか?
と大ごとになってしまった。
というわけなのです。

ホワイトハウスにいやいや引っ越してきたメラニア夫人とバロンくん

メラニア夫人は2017年1月にトランプ大統領が就任してから
しばらくはホワイトハウスに引越しをしませんでした。

メラニア夫人とバロンくんがホワイトハウスに
引っ越したのが6月11日のこと。

歴代の大統領の中でも
就任してから引越しまで、
こんなに期間が開いたのは、
例を見ないそうです。

メラニア夫人とバロン君が以前住んでいた
ニューヨークのトランプタワーは
ホワイトハウスに比べたら
かなりゴージャスな環境らしいのです。

ホワイトハウスに住み始めたら
それはそれは警備も厳しいですし、

24時間常に監視されているようなものです。

しかし、メラニア夫人がトランプ大統領に対して持っている
不満というのは、どんな部分なのか?
真相は2人にしか分からないのかもしれません。

スポンサーリンク
【プライバシー・ポリシー】 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。