イバンカが韓国に行かない(ドタキャンの)理由と韓国側の反応は?


アメリカのトランプ大統領のファースト・ドーターの
イバンカさんが日本に来日しました。

当初の予定では、日本に来たあと、
韓国を訪れる予定もあったのですが、
急遽予定が変更になり、
イバンカさんの韓国訪問は取りやめになりました。
その背景にはどんな理由があるのでしょうか?

スポンサーリンク

ドタキャンの表向きな理由は税制改編案処理のためのキャンペーン

イバンカさんの当初の韓国訪問予定は
11月7日~8日のトランプ大統領の
訪韓に動向するということだったそうです。

イバンカさんが韓国訪問を取りやめることが
明らかになったのが10月31日
ちなみにイバンカさんの誕生日の次の日です。

その際の理由は、
日本で行なわれた国際女性会議(WAW)に
参加して、そのあとすぐにワシントンに
戻る仕事の用事が急遽出来たということのようです。

その用事とは、
税制改編案処理のためのキャンペーンに注力するために
アメリカに戻って欲しいと支持が出たとのことです。

もともとトランプ大統領もイバンカさんも
韓国や中国行きに特に行きたいわけでは
なかったらしいという事も
一部報道されています。

まあ、そんな個人的な
好みは別として、
イバンカさんは訪韓を取りやめますが、
イバンカさんの夫のクシュナーさんは、予定通り
韓国訪問に同行するということのようです。

スポンサーリンク

イバンカさんが韓国訪問をするメリットが少ない?韓国側の反応は?

日本でイバンカ基金と報道されている
女性の企業家のための基金
(世界銀行が主導しているプロジェクト)にたいして、
韓国政府としては日本円にして11億円3840円の拠出を表明し、
来年度の予算の中からも3億1000万円の拠出を
予定しているといいます。

日本の安陪総理は57億円の拠出を表明していますから、
日本の方が韓国に比べて5倍くらいの金額を出すことになるのですね。

韓国サイドとしては、今回の訪問にあたり、
韓国国内で女性企業家が活躍している企業家と
イバンカさんの交流の機会を設ける
手配をしていましたが、
結局叶いませんでした。

韓国のメディアでは、
日本は慰安婦合意ではしぶしぶ10億円しか出さなかったのに、
イバンカ基金では57億円も出した!!

というような報道で日本政府が揶揄されています。

韓国国内の安全対策への心配も理由の1つ

韓国国内では、駐韓アメリカ大使館の大使が切りつけられた事件
発生しており、

反米デモも起きていることから、
警備の安全対策に心配する面もあるそう。

ただし、トランプ大統領までドタキャンしてしまったら
お話にならないので、

とりあえず、イバンカさんだけでもアメリカに
帰りましょうということのようです。

↓ ↓イバンカさんについてはこちらの記事もお読みください!! ↓ ↓ ↓

→ イバンカ基金へ拠出する安陪総理のお金はどこから?税金なの?

→ イバンカ来日!宿泊先のホテルは?トランプへの影響力とアメリカ国内での評価

→ イバンカの年齢と整形疑惑の真相!母親のイヴァナさんについて

→ イバンカさんが来日初日に行った料亭つる中の場所と料理の内容は?

スポンサーリンク
【プライバシー・ポリシー】 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。