木下優樹菜の演技が下手すぎ!?VBAC出産経験と子供の現在は?


lineblog.me

ドラマ「コウノドリ」の第4話のゲストキャストとして
出演した木下優樹菜さん

出演した反響はそれはもう
「演技が下手すぎて見る気失せた」
「なぜ優樹菜がキャスティングされたのか?」

などがっかりした方が多かったようです。

木下さんといえば、
普段はモデルやバラエティタレントとして
普段活躍しており(最近はママタレですね)

女優の仕事は管轄外でありますので、
無理も無いですね。

ただ、木下さんは実は2人のお子様を出産されていて
それなりに大変なドラマがあったらしいのです。。。。

今日は木下さんの出産エピソードについて
注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

モデルの木下優樹菜が結婚して出産するまで

木下優樹菜
1987年生まれ29歳(2017年現在)
身長168cm
体重 54kg

2006年
渋谷でスカウトされ芸能界入り
モデルの仕事を中心に活動

2009年
フジモン(藤本敏史)との交際を報道される

2010年8月28日
婚姻届を提出
年の差の大きい格差夫婦(17歳差)
として注目される。

2012年8月6日
長女・莉々菜(りりな)ちゃんを出産

2015年11月3日
次女・茉叶菜(まかな)ちゃんを出産

というわけで、2017年現在
長女が5歳、次女が2歳ですね。
実は木下さんは
出産の時に結構大変だったようなのです。
その経験もあったので、
コウノドリにキャスティングされたのだと思います。

もっとも、今回の「コウノドリ」の役は
NICU(新生児集中治療室)に新生児を預けたまま
旅行に行ってしまうという
自由気ままな無責任なママの役。

木下優樹菜さんはこれまでも
ブログやインスタで娘たちを
度々登場させていますが、

将来のあるお子さんを
何の躊躇もなく露出させてしまうので、
炎上してしまうこともありました。

そんな実際のキャラクターから、
今回の役柄に合っていると思われたのでしょう。

スポンサーリンク

木下優樹菜が経験したVBACという出産方法の危険性

木下優樹菜さんは
1人目の長女を出産するときに
帝王切開で出産しています。

帝王切開をした理由は
出産予定日よりも20日も早く
破水したためだそうです。
そして問題は2人目の出産の時。

通常、1人目を帝王切開で産んだ方は
2人目を産むときも帝王切開をするのだそうです。

1人目を帝王切開で産んだ方が
2人目を自然分娩で産む方法を
VBAC(ヴィバック)と呼ぶそうで、

優樹菜さんはこのVBACを選択し
2人目を自然分娩で産んだそうです。

しかし、VBACは出産リスクが
大きいそうで、
出産時に子宮の膜が裂けたりするケースもあり
危険が伴うそうです。

具体的には、下記のリスクが考えられるそうです。

・子宮破裂(前回帝王切開時の子宮の傷が裂ける)の危険性がある。
・出血の止血が困難なときは、子宮摘出が必要なことがある。
・出血多量な場合は、重症になりやすい。
・児も、子宮破裂時には低酸素性脳障害を起こす可能性がある

芸能人では坂下千里子さんもこの
VBACで出産をしているそうです。

VBACで出産した木下さんを
危険だ!と批判する声がかなりあり、
出産が上手くいったから良かったけれど
子供と母体の安全を考えるべき!!という声が多かったようです。

木下優樹菜とフジモンは離婚も考えたことがあった!

ともあれ、
無事に出産し、順調に子育てをしている
木下優樹菜さんですが、

2017年11月9日のモデルプレスの
ネットニュースでは「離婚を考えたこともあった」と
カミングアウトした優樹菜さんです。

何でもフジモンとの喧嘩が絶えない時期もあり、
「別れようか?!」という話まで実際に出ていたとか。

今、雑誌で笑って話せる状態なら
離婚はしないでしょうが、

17歳も年の差があったり、
お互いに芸能界の同業者であるので、

夫婦生活をしていくにあたっては
様々な壁にぶち当たったようです。

そんな夫婦の状況も
包み隠さずカミングアウトしてでも
芸能活動を続けながら

子育てをしていく
たくましい優樹菜さんを
これからも応援したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

【プライバシー・ポリシー】 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 アクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 ・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 ・極度にわいせつな内容を含むもの。 ・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 ・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。